エプソン


PX-G5000 / 伊勢和紙Photo 用のicc プリンタプロファイル (用紙種類印刷品質別)

精彩なヘッド構造なので、通常は「フォト」モードで十分な表現ができると思います。
「写真用紙」設定ではフォトブラックインクが出ます。「フォトマット紙」・「画材用紙」設定では
マットブラックインクが出ます。お好みに応じてお選びください。

この機種は「Adobe RGB 対応」がうたわれています。プロファイルを作成して使用する限り
別に関係ないと思って気に留めていませんでしたが、実際にやってみると素直な色が出ます。
Adobe RGB のカラースペースの画像を、フォトショップなどアプリケーション側では
「カラースペースを変換しない」(つまり伊勢和紙プロファイルは使用しない。) にして、
プリンタ側で「マニュアル色補正」「Adobe RGB」を選びます。用紙設定をたとえば
「フォトマット紙」の「スーパーフォト」にしたときなどやわらかいいい色が出ます。
さすがはエプソン。これならプリント指示もうんと簡単。どうかお試しください。

PX-G5000 ファイン フォト スーパーフォト
普通紙 PX-G5000_SF_Ise_04.12.2 PX-G5000_SP_Ise_04.12.2  
EPSON スーパーファイン紙   PX-G5000_FP_Ise_04.12.2  
EPSON 写真用紙   PX-G5000_PP_Ise_04.12.2 PX-G5000_PS_Ise_04.12.2
EPSON フォトマット紙   PX-G5000_MP_Ise_04.12.2 PX-G5000_MS_Ise_04.12.2
EPSON 画材用紙/顔料   PX-G5000_WP_Ise_04.12.2 PX-G5000_WS_Ise_04.12.2