伊勢和紙を使った作品展

前田 有歩 展

◎ 2017年12月4日(月) -9日(土) ◎ 12:30 - 19:30 (最終日は17:00まで)
GALLERY ART POINT ◎ 104-0061 ◎ 東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1 ◎ 03-5537-3690

前田有歩さんの作品は、2018年10月に伊勢和紙ギャラリーにお迎えする予定です。


伊勢和紙を使用した展覧会

青野恭典 写真展 《 風のことづて 》

ギャラリーI * 伊勢和紙Photo「浄ら芭蕉」 と 「芭蕉」 による風景作品
ギヤラリーII * ライフワーク海岸線の旅から 「日本の海岸」

2017年11月22日(水) - 12月4日(月) 火曜定休 10:30 - 18:30 (最終日16:00終了)
リコーイメージングスクエア新宿

〒163-0690 ◎ 東京都新宿区西新宿1-25-1 ◎ 新宿センタービルMB(中地下1階)
TEL 03-3348-2941 ◎ http://www.ricoh-imaging.co.jp/

ギャラリーI の和紙作品は、故青野恭典氏が構想していた和紙による作品展を、
ご夫人である青野ハツ子氏が伊勢和紙館にて出力・仕上げを行い実現したものです。


伊勢和紙ギャラリー展

伊勢和紙による三輪薫写真展「こころの和いろ」

写真家三輪薫氏の作品展は、伊勢和紙ギャラリーでは10回目となります。
今回は2016年に開催したキヤノンギャラリー展の巡回展で、新作10点を追加して展示します。

会期 ◎ 2017年9月17日(日) > 10月15日(日) 9:30 > 16:30 (9月24日・10月1日・8日は休館)

10月14日(土)13:30 より作者三輪薫によるギャラリートークがあります。

会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)
〒516-0079 三重県伊勢市大世古一丁目10-30 Tel: (0596)28-2359 http://isewashi.co.jp/  info@isewashi.co.jp

三輪 薫 ◎ 〒252-0131 相模原市緑区西橋本4-9-62 Tel: (042)771-5577
三輪薫は9月17日(日)から19日(火)、10月13日(金)から15日(日)に会場にてお待ちしています。

鮮やかでもドラマチックでもない、しかし、優しくさりげない日本の風景の表情には微妙な機微に溢れた魅力があります。写真家三輪薫は日本の四季折々に美しい自然風景と向き合い、カメラで日本画を描くような作風の構築を目指してきました。多種多様な和紙に日本的な色で描かれ表現された世界観が、見る人の心に優しく余韻を残します。


伊勢和紙を使った作品展

おおたはるか個展「あの娘 この娘」 Haruka Ohta's exhibition

(手すき伊勢和紙「未晒し純楮紙」などを使用した水彩ドローイング展です。)

「ポートレートをテーマにした展示です。繋げると5m位の大きさになる11人の等身大ポートレートと小品12点位を展示します。
見えたままに描いた、私の中の人達を楽しんで頂けたら嬉しいです。 」

2017年9月9日(土) - 18日(月・祝) ◎ 平日14:00 - 20:00 ◎ 土日祝11:00 - 18:00 (会期中無休)
ヨドバシカメラ新宿西口本店 カメラ館6階

主催 ◎ ヨドバシカメラ // 協賛 ◎ 伊勢和紙・EPSON・OLYMPUS・Pentel


伊勢和紙を使った作品展

ママフォトグラファー Colors × こどもとかめら 写真展 Grow ~成長~

7名のママフォトグラファー 残したいのは 今しかないこどもとの日々

2017年9月06日(水) - 16日(土) 10:00 - 18:30 ◎ 日・月は定休日
EIZO Galleria Ginza ◎ 104-0061 東京都 中央区 銀座七丁目 3-7 ブランエスパ銀座ビル3階 ◎ (03)5537-6675


伊勢和紙を使った展覧会

今井しのぶ写真展 「こどもと365」展

Photoback LIBRARY コンテンツワークス株式会社 〒101-0051 東京都 千代田区 神田神保町 2-4 Daiwa神保町ビル5F
◎ 2017年7月25日(火) - 28日(金) 午前10時 - 午後3時


伊勢和紙ギャラリー展

高 潤生 個展 「平安是福」 - 印風画・かな篆刻・書 -

伊勢和紙ギャラリーで2年に1回開催を続けてきた、書家・篆刻家の高潤生さんの個展です。
優れた書・篆刻作品であるばかりでなく、文字アートとして楽しく、親しみやすく、美しく表現され、
多くの古典典籍から取り出した素材は、作者の現代社会へのメッセージにもなっています。
多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。

◎ 2017年5月27日(土)〜6月25日(日) ◎ 9:30〜16:30 ◎ 6月4日(日)・11日(日)・18日(日)は休館
◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)

◎ 6月10日(土) 13:00と15:00よりの2回: 作者によるギャラリートーク。(予約の方のみご入場)
◎ 6月3日(土)・24日(土) 13:00〜16:00: 「篆刻体験会」を開催 (材料費500円)

作者 高 潤生 氏 は 5月27日(土)・28日(日)・6月3日(土)・10日(土)・24日(土)・25日(日) に在廊しています。

 

イベント出展のお知らせ

伊勢和紙はCP+2017に出展いたします。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

パシフィコ横浜 (フォトプリントメディアゾーン M-09 伊勢和紙)

 

 

伊勢和紙のブース (M-09) では、

◎ 写真家三輪薫氏の作品を、大判の吊るし作品など7点展示します。三輪薫氏は2月23日(木)に会場に滞在される予定です。
◎ 伊勢和紙を使ったプリントワークショップを随時行います。(30分程度) (ご予約は info@isewashi.co.jp にお願いします。ブースでもお受けします。) 「画像データ」をご持参ください。(プリントはA4サイズ、お一人1点のみ。) 作業手順を説明しながら行います。ご自身で操作して作品を完成させましょう。
◎ 新しく加わった伊勢和紙Photo「浄ら芭蕉」など、伊勢和紙をご紹介します。
◎ その他、伊勢和紙についてご質問をお受けいたします。


SAMURAI FOTO写真展

 

CP+2017開催中に「みなとみらい駅」にてSAMURAI FOTO写真展を開催します。

写真展 Emerging Visions of Japan 〜日本の写真作品を世界へ〜
期間 2017年2月20日(月)〜26(日)
時間 10:30〜18:30 (20日/13:00 open、26日/16:00 close)
場所 サブウェイギャラリーM (「みなとみらい駅」改札口より徒歩1分 TEL:045-664-1795)

SAMURAI FOTOメンバーから16名 (青山紀子、上原ゼンジ、江田よしお、五島 直、佐々木浩二、佐々木一弘、佐藤素子、千代田路子、中村豊美、野村美和、蓮見浩明、原田浩司、前田有歩、益田悦孝、村田光司、渡辺 恵) の作品とディレクターである写真家・エバレット・ブラウン氏、諏訪光二氏、吉田繁氏の合計19名の作品を展示します。

伊勢和紙も協力しています。CP+2017と併せて是非ご高覧ください。

  SubwayGalleryM

伊勢和紙ギャラリー展

擬革紙の復興 和紙に遊ぶ (参宮ブランド擬革紙の会)

後援 ◎ 玉城町・玉城町教育委員会
会期 ◎ 2017年1月28日(土)〜2月19日(日) 9:30〜16:30 (2月5日(日)・12日(日)は休館)
会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)

◎ 擬革紙の歴史・技術の紹介 ◎ 三重県を中心に活躍するアーティストの作品
◎ 創作を夢見る子どもたちの作品 ◎ 「参宮ブランド擬革紙の会」会員の作品

『擬革紙』とは、和紙に皺や凹凸をつけ、革のような風合いに加工したものを言います。
江戸時代に、ヨーロッパから輸入された装飾革(金唐革)を模して制作したのがはじまりとされ、
かつては、神宮参拝の身支度や土産品として『擬革紙』を使った煙草入れが流行しました。

擬革紙の製造は、昭和の初期まで櫛田から宇治にかけて、この地方の一大地場産業でした。
近年、玉城町を拠点とする「参宮ブランド擬革紙の会」がこの技法を復興し、2013年には
三重県指定伝統工芸品の認定を受け、さらに研究・開発・創作に取り組んでいます。

 

伊勢和紙を使った写真展

「阿仁根子」戸川覚写真展

彼らの懸命なまでの一瞬のまなざしに、
先人たちの精神を見た。
マタギ発祥の地で、古より伝わる唄と舞いに
出会えたことを、私は忘れない。

フォトギャラリー ブルーホール
◎ 2016年8月20日(土)〜11月20日(日) 休館日10月23日(日)
◎ 開館時間 10:00-16:30(最終入館16:00)
◎ 入場料  一般300円 中高生100円 小学生以下無料
◎ 〒018-1504 秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1
     小玉醸造株式会社内
     tel 018-877-5772 fax 018-877-2104

「阿仁根子」は、東京写真月間2014作品として同年6月に発表され、2015年2-3月には伊勢和紙ギャラリーにも巡回していただきました。
現在、上記のとおり秋田県潟上市にて展示中です。ブルーホールは、「小玉醸造内の酒蔵を、同じ潟上市出身の水中写真家・中村征夫さんがプロデュースし、
ギャラリーに改装した場所で、レンガ造りでありながら内装は木材の柱と床で、手を叩くと音がパーンと響く、とても雰囲気の良い会場でした。」とのことです。
伊勢和紙に表現した作品と、このような会場との出会いで実現した作品展。どうぞご高覧ください。


伊勢和紙を使った写真展

大内 紳治 さんから作品展のご案内をいただきました。強い調子の仕上げがとても印象的です。

わしの写真展』 オオウチ シンジ 作品展 Old-timer

◎ 2016年11月8日(火) - 13日(日) 9:00 - 20:00 (最終日は17:00)
ギャラリー欅 471-0027 愛知県豊田市喜多町2-160 コモ・スクエア (珈琲香房 楽風内) 0565-32-0233 ◎ 名鉄豊田市駅より徒歩2分 ◎ 愛知環状鉄道新豊田駅より徒歩5分

豊田市内 (足助・旭・稲武地区) と名古屋有松・岐阜岩村の街道を気ままに散策しながらスナップ撮影し、郷愁豊かに表現するため 『和紙』 にモノクロプリントした作品です。

 

 

伊勢和紙ギャラリー展

第五回 伊勢和紙プリントの会・作品展

会期 ◎ 2016年10月2日(日)〜10月30日(日) 9:30〜16:30 (10月9日(日)・16日(日)・23日(日)は休館、最終日は15:00まで)
会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)

2年に一度の恒例となった「伊勢和紙プリントの会・作品展」は今回で5回目となります。
70名あまりの会員が、伊勢和紙館や自宅で伊勢和紙プリント作品を研究・制作し、
写真家三輪薫先生の監修をいただいて、今回は30名の会員が50点の作品を出展します。

   

伊勢和紙を使った写真展

中野 晴生 写真展「出雲大社 =蘇りの宮= ・ 伊勢神宮 =常若の宮=」

期間 ◎ 2016年9月16日(金)〜9月21日(水) ◎ 11:00〜19:00 (最終日 〜15:00)
会場 ◎ オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F ◎ TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
入場無料

 

 長年、日本を代表するふたつの御宮、出雲大社・伊勢神宮を撮影させていただいております。同じ年に遷座祭と遷宮を終え、現在は新しくなった御宮からは、蘇りのご神力・常若のご神力の溢れんばかりのご神徳が神域に降り注いでいるように思います。
 伊勢に生まれ育った私にとって、神宮は甘え乍ら母親に撮影した写真を見てもらっている故郷で、大社は頼もしい父親に連れられてシャッターを押している第二の故郷です。今回、遷座・遷宮風景、日々の祭典、四季の自然をまとめました。そして、日本の原風景として和紙に描き、神域の空気を再現することを試みました。
 先祖から受け継ぎ、太古の昔から自然と共生してきたわたしたち。作品から、日本の心を感じていただければ幸いです。

中野 晴生

 

伊勢和紙を使用した写真展

森 武史 熊野古道写真展 Originating Trail こころの道

 

伊勢和紙を使用した森武史さんの「熊野修験」は、2008年1月に伊勢和紙ギャラリーで展示し、パリ・尾鷲・京都・東京など各地を巡回しました。今回は森さんの他の作品とともに再び尾鷲の熊野古道センターで展示されています。


2016.6.18sat - 8.28sun ◎ open 10:00 - 17:00

三重県立熊野古道センター 特別展示室
Mie Prefecture KUMANO KODO CENTER
519-3625 三重県尾鷲市向井12-4 ◎ 0597-25-2666
info@kumanokodocenter.com ◎ http://kumanokodocenter.com/

◎ 今回の写真展は、私のライフワークの作品「熊野修験」、伊勢神宮の森を作品とした「神宮の森」、紀伊半島の聖地と熊野古道を撮影した 2014 Canon カレンダー作品「こころの道」を中心に、3作品を半期で入れ替えて展示します。
◎ 二十数年前に初めて訪れた熊野古道は、石畳が見えない程に草に覆われ荒れ果て、知る人ぞ知る道でした。地域の方々の努力で復興を続け全国に知れ渡り、後に世界遺産にも登録されました。
◎ 熊野古道伊勢路の出発地点と言われる玉城町に生まれ、現在も住んでいる私の写真人生は、熊野古道が道標(みちしるべ)となってくれている気がします。


伊勢和紙を使用した写真展

早稲田大学芸術功労者顕彰記念
中村吉右衛門展

記念展の一環として、写真家鍋島徳恭さんの伊勢和紙を使った写真が展示されます。
2014年にGUCCI銀座で開催された「中村吉右衛門 SONORAMENTE」の一部に加え、初公開の写真も展示されています。
違う会場で、違う表情の中村吉右衛門さんに出会えるのではないかと思います。

 

enpaku 早稲田大学演劇博物館

会期:2016年6月7日(火)〜8月7日(日)
休館日:6月15日(水)、7月6日(水)、7月20日(水)
会場:早稲田大学演劇博物館 六世中村歌右衛門記念特別展示室
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点、早稲田大学文化推進部
協力:松竹株式会社、公益社団法人日本俳優協会、鍋島徳恭写真事務所
入館無料

展示概要:中村吉右衛門氏が早稲田大学芸術功労者の顕彰を受けられたことを記念して、その芸と歩みを紹介します。重厚な押し出しに深い内面性を湛え、口跡の豊かさによって、見る者を陶酔に誘う吉右衛門氏の舞台。陰翳の深い演技によって、古典歌舞伎作品の中から、極めてドラマティックな人物像を刻み出す現代歌舞伎の最高峰に立つ当たり役の数々を、舞台写真や舞台衣裳、初代から伝来の書き抜き資料などによって紹介します。


伊勢和紙を使用した写真展

伊勢和紙による三輪薫写真展「こころの和いろ」

キヤノンギャラリー銀座 ◎ 2016年4月14日(木)〜4月20日(水) ◎ 10:30〜18:30 (最終日15時まで) ◎ 4月17日(日)は休館
【ギャラリートーク開催】 4月16日(土) 14:00〜15:00

キヤノンギャラリー札幌 ◎ 2016年5月26日(木)〜6月7日(火) ◎ 10:00〜18:00 ◎ 5月28日(土)・29日(日)・6月4日(土)・5日(日)は休館

キヤノンギャラリー梅田 ◎ 2016年6月16日(木)〜6月22日(水) ◎ 10:00〜18:00 (最終日15時まで) ◎ 6月19日(日)は休館

鮮やかでもドラマチックでもない、しかし、優しくさりげない日本風景の表情には、微妙な機微に溢れた魅力があります。写真家、三輪薫氏は、日本の四季折々に美しい自然風景と向き合い、カメラで日本画を描くような作風の構築を目指してきました。本展において、多種多様な和紙に日本的な色で描かれ、表現された世界観が、見る人の心に優しく余韻を残します。

   

伊勢和紙プリントキャンペーン

◎ ご来場の皆様の画像をお預かりし、伊勢和紙にプリントしてお渡しいたします。伊勢和紙の表現力をお確かめください。

ヨドバシカメラ 新宿西口本店 (マルチメディア館北館 地下1階) ◎ 2016年4月16日(土)・17日(日)、両日とも12:00-20:00
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 (地下1階) ◎ 2016年6月18日(土)・19日(日)、両日とも12:00-20:00

日曜日には三輪薫先生もヨドバシカメラの店頭にお出でいただいてプリント指導をしていただくことができます。

◎ 三輪薫写真展「こころの和いろ」でも多用されているキヤノンの新プリンター PRO-1000 を使用します。
◎ SDカード・CFカード・USBメモリ・CD-R など、画像形式はRAW・Tiff・jpeg・PSDなど。
◎ A4プリントは無料です。A3ノビなど大きいサイズのプリントをご希望の方は、当日お店で伊勢和紙をお買い求めください。
★ ご予約は info@isewashi.co.jp 宛てメイルでお願いいたします。


伊勢和紙を使用した写真展

伊勢和紙による南川三治郎写真展「日本の心」第六十二回神宮式年遷宮

会期 ◎ 2016年5月14日(土) 〜 6月12日(日) ◎ 入館時間 9:00-16:30 ◎ 休館日 火曜日
会場 ◎ 賓日館 FUTAMIURA HINJITSUKAN ◎ 1階 旧客間6室 寿の間・2階 翁の間 (最終日は1階のみ)
入館料 ◎ 大人300円 ◎ 小・中・高150円

519-0609 三重県 伊勢市 二見町 茶屋 566-2 ◎ Tel: (0596)43-2003 ◎ http://hinjitsukan.com/ ◎ hinjitsu@amigo2.ne.jp
JR 二見浦駅より徒歩12分 ◎ 伊勢二見鳥羽ライン二見JCTより車で4分

特別協力: 神宮司廳 ◎ 主催: 賓日館 ◎ 後援: 中日新聞社 ◎ 助成: 公益財団法人岡田文化財団 ◎ 協賛: (株)濱田総業 (株)ニコン (株)ニコンイメージングジャパン ◎ 協力: 伊勢和紙・大豐和紙工業(株)

第62回神宮式年遷宮の諸場面を、大判の手すき伊勢和紙「伊勢斐紙 風祥」を使用して表現した写真展。三重県総合博物館MieMuにて2014年5月より展示。その後山形県白鷹町・ケルン・ローマ・ニューヨーク・ロスアンジェルスを巡回し、この度伊勢での里帰り展示が実現しました。国指定重要文化財である賓日館の落ち着いた会場にてご高覧ください。

写真家 南川三治郎 ◎ 1945年三重県生まれ ◎ 「アトリエの巨匠・100人」、「世界遺産巡礼の道を行く(熊野古道)・(カミーノ・デ・サンティアゴ)」など著書多数。 ◎ 第62回神宮式年遷宮の作品他で、本年第10回飯田市藤本四八写真文化賞を受賞した。


伊勢和紙ギャラリー展

「涸沢・上高地」 伊勢和紙に描く金森正巳作品展

会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー(大豐和紙工業株式会社内)
会期 ◎ 2016年5月7日(土)〜6月5日(日) ◎ 9:30〜16:30 ◎ 休館日:5月15日(日)・22日(日)・29日(日)
5月14日(土)13:30〜15:00 ◎ 作者によるギャラリートークを開催

上高地・明神・徳沢園・横尾山荘・涸沢の登山道を6度の挑戦で撮影しました。様々な光景、たくさんの思い出、撮影時の情感。 多種の伊勢和紙の表情を通してご高覧ください。
会場内サブギャラリーには世界の屋根ヒマラヤ街道とカトマンズ、伊勢和紙館では大正池の水面を展示します。
師事している菊池哲男氏(プロ山岳フォトグラファー)の友情出展があります。

金森正巳 / 伊勢和紙プリントの会◎伊勢風景写真愛好会◎日本風景写真協会◎ニッコールクラブ◎トピアフォトクラブ


伊勢和紙ギャラリー展

伊勢和紙による三輪薫「仏蘭西・巴里」とフォトワークショップ「風」写真展

会期◎2016年2月14日(日) - 3月13日(日) 9:30 - 16:30 (2月21日(日)・28日(日)・3月6日(日)は休館)
会場◎伊勢和紙ギャラリー

三輪 薫 写真展「仏蘭西・巴里」--- エド・ヴァン・デル・エルスケンやウジェーヌ・アジェが撮った巴里の世界にあこがれ、時には8×10インチ判カメラを担いで歩き回って撮った作品を和紙に融合させ、多銘柄の伊勢和紙に半切から全倍のモノクロプリントで展示します。
フォトワークショップ「風」展も併せて開催します。
(東京 日本橋 小津ギャラリー展の巡回展 新作11点追加で展示)

   

伊勢和紙を使用した作品展

山形の前田有歩さんからご案内が届きました。全ての作品に「伊勢斐紙 風雅」を使用してくださっています。

12月28日(月)15:00まで、好評につき開催を延長されるそうです(!) 皆様どうぞご高覧ください。

「きおくのありか」ー前田有歩写真展ー

悠創館にて、個展を開催いたします。年の瀬の、お忙しい時期とは存じますが、なにとぞ足をお運びいただきますようよろしくお願いいたします。

会 期 : 12/21(月) - 12/27 (日) 
会 場 : 悠創の丘 内 悠創館  
開場時間: 9:00 - 17:00 (入場は16:30まで)
入場料 : 無料

【写真展に関するお問い合わせ先】
前田有歩 MAIL:alfo@aircushion.jp

【会場に関するお問い合わせ先】
悠創の丘 内 悠創館
〒990-2421 山形県山形市上桜田366番地(悠創館)
TEL:023-635-6031

 

伊勢和紙ギャラリー展

林隆久作品展「水の都とアルプス -伊勢和紙に映すふたつの欧州-」

会期: 2015年10月3日(土) - 31日(土) 9:30 - 16:30 / 10月11日(日)・18日(日)・25日(日)は休館
会場: 伊勢和紙ギャラリー ◎ 伊勢和紙館にて「山路探歩」を同時開催します。

作者によるギャラリートーク: 10月10日(土) 13:30 - 15:00

林 隆久 ◎ 日本風景写真協会会員 ・ 伊勢和紙プリントの会会員 ・ 写真クラブ「たまき」代表
◎ 玉城町制60周年記念写真集「ふるさと玉城」を編集

二回歩いたヨーロッパアルプスと、娘さんの結婚式の機会に訪れたヴェネツィアを中心に構成されています。
作者の林隆久さんは、ほぼ毎日伊勢和紙ギャラリーに通ってきて居られます。ご来場者が多くにぎやかな展覧会になりました。
皆様のご来場をお待ちいたしております。

 

伊勢和紙を使った写真展

 

伊勢和紙作品展「夏もよう」

高橋房子・山口手巻・山口要子・本多ひさ

会期: 2015年8月1日(土) - 31日(月) 8:30 - 16:00 (最終日は12:00 まで)
会場: 神宮内宮前 太閤餅 伊勢市宇治今在家町63 (0596)22-2767

伊勢和紙プリントの会の会員でもある4名の皆さんの作品展。
会場は「太閤出世餅」を生産販売する伊勢神宮内宮前の老舗。
店舗の壁面にて月替わりで作品展が開催されています。
ひとときの涼。神宮にお参りの帰路にどうぞお立ち寄りください。


伊勢和紙を使った写真展

 

第35回写真集団おちこぼれ写真展

「全て伊勢和紙に印刷しています」

会期: 2015年8月19日(水) - 8月23日(日) 9:00 - 17:00
(初日は12:00 から、最終日は 16:00 まで)
会場: 津リージョンプラザ3Fギャラリー
津市西丸之内23-1 (津市役所西) (059)229-3300

創立40周年の記念すべき写真展に伊勢和紙を取り上げてくださるとのことで
光栄に思います。会員の皆さんは折りに触れ伊勢和紙ギャラリーの作品展にも
ご来場いただいています。皆さんの目に伊勢和紙がどんなふうに映ったか、
皆さんの写真表現に伊勢和紙をどのようにお使いいただいているのか、
楽しみに拝見いたしたい思います。


伊勢和紙を使った写真展

免震工事が完了した東京日本橋「小津ギャラリー」で、3年ぶりに開催します。

伊勢和紙による三輪薫「仏蘭西・巴里」とフォトワークショップ「風」写真展

会期◎2015年7月27日(月) - 8月1日(土) 10:00 - 18:00 (初日・13:00から、最終日・16:00まで)
会場◎小津和紙 / 小津ギャラリー
東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル 2F Tel:(03)3662-1184

◎三輪薫『伊勢和紙セミナー』 を、8月1日(土) 13:00 - 14:00 に開催します。ご期待ください。

◎会期中、ギャラリー脇のスペースにて随時「伊勢和紙プリントワークショップ」を行います。
 ご持参いただいた画像データを伊勢和紙にプリントしてお渡しいたします。
 伊勢和紙についてのご質問などお受けします。どうぞご遠慮なく声をお掛けください。

   

三輪 薫 写真展「仏蘭西・巴里」--- エド・ヴァン・デル・エルスケンやウジェーヌ・アジェが撮った巴里の世界にあこがれ、時には8×10インチ判カメラを担いで歩き回って撮った作品を和紙に融合させ、多銘柄の伊勢和紙に半切から全倍のモノクロプリントで展示します。
フォトワークショップ「風」展も併せて開催します。


伊勢和紙を使った写真展

伊勢和紙プリントの会 会員である 吉崎平男 さんと 金森正巳 さんの写真展です。

   

金森正巳 吉崎平男 作品展
屋久島 & 富士湖畔

2015年7月1日(水) - 7月31日(金)
9:30 - 21:00 (最終日17:00まで)

サニーロード フリーギャラリー
(市立伊勢総合病院前)

516-0014
伊勢市楠部町3039
0596-23-3260


伊勢和紙ギャラリー展

高 潤生 個展 「養怡(ようい) -なごむ心を養う-」 現代印作・かな篆刻・書

会期◎2015年5月30日(土) - 6月28日(日) 9:30 - 16:30 (6月7日(日)・14日(日)・21日(日)は休館)
会場◎伊勢和紙ギャラリー

6月13日(土) 13:00と15:00よりの2回、作者によるギャラリートーク。(予約の方のみご入場)
「篆刻体験会」も開催 (材料費400円) 6月20日(土)・27日(土) 13:00〜16:00


伊勢和紙を使った写真展

横浜市の一宮美穂さんからご案内が届きました。
60点の作品の中で31点に「伊勢和紙Photo雪色」を使っていただいているそうです。

移ろう彩り …思いのままに… 瞬 …ありのままに…
一宮美穂 & 星空夢路 写心展

会期◎2015年5月22日(金) - 28日(木) 10:00 - 19:00 (初日12:00より / 最終日 17:00まで)
会場◎フレームマン.ギンザ.サロン ギャラリーI・II・ミニギャラリー
東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F TEL 03-3574-1036 地下鉄銀座駅C1出口2分・JR有楽町駅5分

ItinomiyaMiho


伊勢和紙を使った写真展

京都市の浜中悠樹さんからご案内が届きました。昨年の個展の継続展示。
「多くの新作をはじめ、ご好評いただいた掛け軸を彷彿とさせる作品を新たに倍以上加えた、見どころたくさんの展示を予定しております。」

浜中悠樹 個展「樹々万葉(きぎのよろずは)」

「樹々万葉(きぎのよろずは)」は、樹々が表現する幾何学的な形容の中に見られる「力強さ」「可憐さ」「儚さ」、新芽の生吹から枯園へと流れる、廻る命の「美しさ」を自分の感じた視点で「和」の表現を意識し、制作した作品となっています。
本展は、2014年に開催いたしました個展「樹々万葉(きぎのよろずは)」の継続展示になります。
新たな試みとして、会場にアパレルショップを使用し、アートを気軽に楽しんでいただける空間作りをコンセプトとした展覧会ともなっています。
*本展覧会は、KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバルSatteliteEvent KG+に参加しています。

会期◎2015年4月30日(木)ー5月6日(水)◎13:00 - 20:00

会場◎新風館◎〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2◎新風館2F Showroom N゜32

TEL◎(事務局:galleryMain)◎075-344-1893

URL◎galleryMain◎http://www.gallerymain.com/

KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバルSatteliteEvent KG+◎http://www.kyotographie.jp/kgplus/2015/index.html


伊勢和紙ギャラリー展

有田善男 写真展「一孔之彩(いっこうのさい)」

(題字は高潤生氏)
会期◎2015年3月28日(土) - 4月25日(土) 9:30 -16:30(最終日は15:00まで) 休館: 4月5日(日)・12日(日)・19日(日)
4月11日(土)午後1:30より作者によるギャラリートークを開催します。
会場◎伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)

 

針穴(ピンホール)写真による地元伊勢市の風景、三色分解法による水のきらめき、ルーペなどを使った手作りレンズによる美しい草花。遊び心いっぱいの有田ワールドが展開します。

写真とは何であったか。銀を使って光を固定する写真術は180年以上前に発明された。それは実験の繰り返し。今日の写真はすべてその礎の上に成り立つ。探求のせせらぎは大河となった。

有田氏の詩情やロマン溢れる数々の眼差しと試みを、伊勢和紙プリントというもう一つの試みに乗せてお届けします。テクノロジー至上の現代に、写真の原点が蘇ります。

有田 善男
◎ 1928年生まれ
◎ 小学校教員・校長
◎ 小学生の頃からシートフィルムの皿現像や焼き付けをした
◎太田金典氏に師事。三重写真協会・コンタックスクラブ・写会七彩(にじ)・伊勢和紙プリントの会


・フォトワークショップ「風」第7回写真展(監修:三輪薫)

 会期:4月16日(木)〜22日(水)10:00-18:00(最終日14:00)
 会場:ポートレートギャラリーTEL:03-3351-3002
 東京都新宿区四谷1丁目7番地(JR/東京メトロ「四ッ谷」駅徒歩数分)

 2000年7月に発足したフォトワークショップ「風」は、隔月に毎回4時間の研究会を行いながら研鑽を積んでいます。主に組写真で展示したこの写真展も2年毎に開催し続け、今回で7回目となりました。自然風景や花をメーンに撮る人が多いですが、他の被写体も撮りながら造形力や美学を磨いています。デジタル全盛の現在、この写真展のプリントの用紙は作品内容に合わせて画材紙や和紙なども多く選んでいて、大半は日本を代表するプロラボ(デジタルプリント/堀内カラー、銀塩プリント/PGL)にお願いしています。ご来場をお待ちしています。(主宰:三輪薫)


伊勢和紙を使った写真展

日本写真協会会員の中井恵美子さんからご案内が届きました。
すべての作品に伊勢和紙を使用してくださったそうです。皆様どうぞご高覧ください。

Emiko Nakai 写真展 baik-baik saja

2015年4月9日(木) - 20日(月) 10:00 - 17:00 (14日(火)15日(水)は定休日)
ギャラリー木の実
茅ヶ崎市芹沢2129
http://g-kinomi.com/

 

baik-baik saja....元気です。という意味のインドネシア語。この一年間インドネシアや日本で撮った写真を集めてみました。
「毎日いろいろあるけれど、私は元気です。」 そんな写真展です。散歩のついでにでもお立ち寄りください。


インドネシア雑貨の即売もあります。


伊勢和紙ギャラリー展

戸川覚 写真展「阿仁根子」
協力:「東京写真月間2014」実行委員会 (公益社団法人 日本写真協会)

会期◎2015年2月28日(土) - 3月14日(土) 9:30 -16:30 休館: 3月8日(日)
会場◎伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)
和紙◎伊勢和紙Art「とりのこ色」
出力◎堀内カラー フォトアートセンター

 

世界自然遺産・白神山地の最後のマタギ集落である阿仁地域 (北秋田市)。
郷土芸能「根子番楽」の伝承を通して、自然信仰に生きた狩猟の民マタギの心を描きだします。

国指定重要無形民俗文化財 根子番楽「翁舞」や、背景となる白神山地の自然など、六曲屏風仕様をはじめ、伊勢和紙Artとりのこ色を使用した多彩な仕上げで展示します。

戸川 覚◎写真家 1979年生まれ
日本旅行作家協会 会員
直木賞作家戸川幸夫氏の孫
写真展◎祈りとまなざし (2103年 網走市)
在りて (2012年 キヤノンギャラリー・羅臼町)
帰一 (2010年 キヤノンギャラリー)

阿仁根子展は東京写真月間2014「いのちの伝承- 世界自然遺産を巡るいとなみ」で発表されました。


伊勢和紙を使った写真展

浜中悠樹 写真展 「樹々万葉(きぎのよろずは)」

今回も浜中さんは伊勢和紙館にいらっしゃって、大形の作品を伊勢和紙で制作されました。
過去作から新作までということです。全貌を拝見することが楽しみです。

 

今展では、2012年のキヤノン写真新世紀で優秀賞(HIROMIX選出)&ヨーロッパ最大ともいわれる写真コンペ「PX3(PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS)」での受賞作品であり、メインテーマである”植物”シリーズ中で最も評価の高い「樹々万葉(きぎのよろずは)」より、過去作から新作までをセレクトし展示します。
「樹々万葉(きぎのよろずは)」は、樹々が表現する幾何学的な形容の中に見られる「力強さ」「可憐さ」「儚さ」、新芽の生吹から枯園へと流れる、廻る命の「美しさ」を自分の感じた視点で「和」の表現を意識し、制作した作品となっています。是非、ご覧頂ければと思います。

会期 ◎ 2014年 10月25日(土)-2014年11月3日(月) /水曜日休廊
開催時間 ◎ 平日14:00-20:00(土日祝13:00-20:00)
入場料 ◎ 2F:入場無料 ◎ 3F:入場有料(500円ポストカード付き)
オープニングパーティー ◎ 10月25日(土)18:30〜
会場 ◎ Gallery Main(京都)
〒600-8028 京都市下京区植松町731-1小林ビル2F3F
阪急河原町2番10番出口より南へ徒歩9分
京阪清水五条駅3番出口より西へ徒歩5分
http://goo.gl/JMQP4T
http://www.gallerymain.com/


伊勢和紙を使ったデザイン展

グラフィックデザイナーによる 伊勢和紙掛け軸展 「再生 日本のこころ」

会場: 国指定重要文化財 賓日館
〒519-0609 三重県 伊勢市 二見町 茶屋 566-2 TEL・FAX 0596-43-2003
会期: 2014年10月12日(日) - 26日(日) 9:00 - 17:00 (最終入場16:30) 火曜日は休館
入館料: 大人300円・小人(小・中・高)150円

すべてのグラフィックデザイン作品を、伊勢和紙館にて「手すき伊勢和紙」に出力して掛け軸に仕立てました。
昨年「おかげ横丁大黒ホール」にて開催された作品展の巡回展。今回は60点あまりが展示されます。

   

伊勢和紙などファインアート紙を使った写真展

BORDER

写真家の吉田繁さんによるファインアート紙を使った写真展。新製品SC-PX5VII でプリントされています。
手漉き伊勢和紙「伊勢斐紙 風祥」も使用されています。

会場: epSITE (EPSON IMAGING GALLERY)
〒163-0401 東京都 新宿区 西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階 TEL 03-3345-9881 FAX 03-3345-9883
会期: 2014年10月3日(金) - 23日(木) 10:30 - 18:00 (最終日は15:00まで) 日曜日は休館

 


東日本大震災後から海辺で撮影を続けている。人間の住む世界と、荒々しい神の世界ともいうべき自然との境界線(border)を描くためだ。海に向かって祈る人は、今の世界に最も必要なのではないか、と考え、この最新作に結実させた。

今回の展示作品は、エプソンプロセレクションプリンターの新製品SC-PX5V IIによってプリントしている。新Epson UltraChrome K3インク搭載により、さらに黒が締まった表現力を確認してほしい。

吉田 繁(よしだ・しげる):1958年、東京生まれ。
広告・PR 誌・雑誌などで撮影をするかたわら、巨樹を中心に世界中の自然の写真を撮り続けている。マルチステッチなどの最先端の技法にも取り組み、海外ギャラリーでの作品販売に力を入れている。主な著書に『地球遺産 最後の巨樹』『地球遺産巨樹バオバブ』ほか多数。社団法人日本写真家協会会員。


伊勢和紙ギャラリー展

第四回 伊勢和紙プリントの会・作品展

2014年9月20日(土) - 10月19日(日) / 9:30 - 16:30 (最終日は15:00まで)
9月28日(日)・10月5日(日)・12日(日)は休館

今回も写真家の三輪薫先生に監修をお願いし、会員は三輪先生の作画アドバイスを受けて鋭意作品制作に取り組みました。
会員の多彩な作品と伊勢和紙の表現力をどうぞご覧ください。

■伊勢和紙プリントの会: 70名あまりの会員が伊勢和紙館や自宅で伊勢和紙プリント制作を手がけています。今回は37名の会員が58点の作品を出品します。
伊勢和紙館は、会員同士和やかに語り合いながら伊勢和紙プリントの可能性を追求する場です。
■展示仕様: メイン・ギャラリーは額装作品、サブ・ギャラリーは軸装作品、 エントランス部には大判の吊し作品など、各種の伊勢和紙を使用して展示します。
■出力: 会員の自家処理または伊勢和紙館での仕上げ
  EPSON PX-H10000・PX-5V / Canon PIXUS PRO-10・iPF8300 他
■用紙: 伊勢和紙Photo・伊勢和紙Art・手すき伊勢和紙 晒し純楮紙・伊勢斐紙 風雅 他。


伊勢和紙を使った写真展

伊勢の神宮・式年遷宮写真展:写真=南川三治郎

会期: 2014年8月30(土)〜9/21(日) 9:00〜19:00 
休館日: 9月1日(月)、8日(月)、16日(火)
会場: 白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ) 山形県 西置賜郡 白鷹町 大字鮎貝 7331番地 TEL: 0238-85-9071 FAX: 0238-85-9072
観覧料: 一般個人500円 高校生200円 中学生以下無料
主催: 白鷹町文化交流センター
◎特別協力: 神宮司廳 ◎助成: 公益財団法人岡田文化財団 ◎協賛: 株式会社ニコン、株式会社濱田総業、武蔵エンジニアリング株式会社
◎協力: 株式会社写真弘社、大豊和紙工業株式会社

関連イベント 
 ■ギャラリートーク 日時 8/30(土)14:00〜 会場: ギャラリー内 (入場には当日の観覧券が必要)
 ■アーティストトーク 日時 8/31(日)14:00〜 会場: 文化伝承室 参加料 無料


『中村吉右衛門写真展 - SONORAMENTE』

撮影: フォトグラファー 鍋島徳恭

会場: グッチ銀座 7階イベントスペース
会期: 2014年8月30日(土)- 9月15日(月) 会期中無休 11:00-20:00 (最終入場19:30) 入場無料
協力: 松竹、日本演劇衣裳、伊勢和紙 (大豐和紙工業)

大判の手漉き伊勢和紙が、等身大以上の写真出力に使用されました。


伊勢和紙など、ファインアート紙を使った写真展

世界に挑戦するアートフォト SAMURAI FOTO EXHIBITION in YAMAGATA

会期: 2014年8月17日(日)〜8月31日(日)
時間: 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
会場: 「悠創の丘」内『悠創館』〒990-2421 山形県 山形市 上桜田 366番地 TEL 023-635-6031 FAX 023-635-6032

2012年の設立時から海外アート市場を目指して活動してきたSAMURAI FOTOは、今年7月、当初の計画通りに世界的に知られる歴史あるアルルのフォト・フォリオ・レビューに10名が参加しました。それらの作品を中心にメンバーのうちの13名50点以上のアートフォト作品を展示します。伊勢和紙を使用した作品も高い評価を得ました。どうぞご高覧ください。


伊勢和紙ギャラリー展

「やさしさ」 伊勢和紙による写真と書の展示 写真: 久保圭一 書: 久保丈二

2014年6月28日(土) - 7月27日(日) 9:30 - 16:30 (7月6日(日)・13日(日)・20日(日)は休館)

東紀州の人々のやさしさ。
坂道を下っている途中、下から私を見上げ微笑んでいるおばあちゃん。
すれ違い様、突然「にいちゃん弁当やろ」といい弁当を取り出してきました。
その弁当は社会福祉協議会の弁当サービスで頂いたもの。
「三合ご飯炊いて残ってる。腐らすのもったいない。遠慮せんと食べて」と渡されました。
この地方は小さな集落が点在してます。集落と集落の間には道路があるだけで民家はありません。
一人道路をあるいていると、車がとまってくれ、「にいちゃんどこいくんや」と車に乗せて頂いたことが何度もあります。
寒い日は、あたたかいコーヒー。暑い日には、冷たい麦茶を頂くことがありました。
・・・・・・・・・
多くの集落は、山肌にへばりつくように家々が建てられた漁師町。
海は美しい。海は厳しい。しかし海はやさしい。
海からの恵みで生命を育んできた。
自然のやさしさを知る人々だから人にもやさしいのだろうか。
・・・・・・・・・
今回は写真を綺麗に見せることを目的としてません。
人の手によって書かれた書のやさしさ、
伊勢和紙のもつあたたかさを感じ、
写真にとらえられている人々・自然のやさしさを感じて頂きたいです。


三重県総合博物館 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060

開館記念企画展 第2弾 『日本の心』 第六十二回神宮式年遷宮写真展

会期: 2014年5月24日(土) - 6月22日(日)
撮影: 写真家 南川 三治郎

作品には手すき伊勢和紙「伊勢斐紙 風祥」(菊判から四八判(1.1m×2.4m)まで) が使用されています。

NihonnoKokoro  

約1300年前から20年に一度繰り返されてきた伊勢神宮の式年遷宮。古来、変わらない技法で、正殿をはじめ全てのお宮を建て替え、御装束や御神宝を新調して、御神体を新宮へ遷します。六十二回目の遷宮は2005年から諸祭・行事が執り行われ、2013年10月に遷御の儀が斎行されました。
 この写真展では、神宮の式年遷宮を通じ、伝統や文化の継承を大切にし、またそれとともにある自然と共生しようとする、『日本の心』をテーマとした展覧会です。

 三重県出身の写真家・南川三治郎氏が撮影した式年遷宮を取り巻く様々な情景約80点を、三重県の伝統工芸である伊勢和紙によって表情豊かに表現し、中空に浮かべる展示で、あわく揺らめく作品に囲まれた静謐な空間を演出します。

南川三治郎(みなみかわ さんじろう 1945年〜 )
 三重県出身の写真家。「ヨーロッパの人と文化」に焦点をあて国内外の雑誌媒体を中心に発表。1980年日本写真協会新人賞、1986年日本写真協会年度賞を受賞。フランス・スペインの世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」と日本の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を始めとし、2006年より第六十二回神宮式年遷宮への取材・撮影に取り組んだ。

【観覧料】 企画展のみ 高校生以下無料 一般600(480)円 大学生360(280)円 セット券(企画展+基本展示室) 高校生以下無料 一般880(700)円 大学生520(410)円 ※( )内は団体料金(20名以上)です。年間パスポートでもご覧いただけます。

【関連イベント】 講演会
「第六十二回神宮式年遷宮 取材を終えて」
日時: 2014年5月25日(日)13時30分 - 15時30分
会場: 3階レクチャールーム
講師: 南川三治郎氏
定員: 100名 当日先着順  参加費: 無料


東京写真月間2014「いのちの伝承 - 日本の世界自然遺産をめぐる いとなみ」

作品仕上げに 「伊勢和紙Art とりのこ色」 が使用されます。

  戸川 覚 写真展 「阿仁根子」
ヒルトピア アートスクエア
〒160-0023 新宿区西新宿6-6-2ヒルトン東京 地下1階 ヒルトピアショップアーケード内 tel: 03-3343-5252 
2014年6月4日(水)〜6月17日(火) 10:30〜19:00 (最終日15:00)

 世界自然遺産・白神山地に代表される東北の自然は、人々の思想や文化の発達に深く関わってきた。戦前、マタギの世界・狩猟の営みは日本の山村にとって重要な産業であった。しかし、世の中の変化と昭和の大戦を境に絶えた「マタギ文化」とはどういうものであったか。最後のマタギ集落である阿仁地域に伝わる郷土芸能「根子番楽」を保存する根子集落の人々が、孫へ伝承する姿を通して、自然信仰に生きたマタギたちの心を作家は描いている。


伊勢和紙ギャラリー 2014年5-6月

伊勢和紙による 篠原龍 写真展「霊場熊野」

2014年5月10日(土) - 6月8日(日) 9:30 - 16:30 (5月18日(日)・25日(日)・6月1日(日)は休館)

 

熊野は黒潮の海と温暖多雨な気候に育まれた自然の宝庫。悠久の昔より神々の鎮まるところとして自然と信仰が結びついてきました。この美しい豊かな熊野を多彩な伊勢和紙で表現して展示します。

篠原龍 ◎ 神宮禰宜、熊野那智大社権宮司を経て、写真家として活動。

著書 ◎ 熊野那智大社の春夏秋冬(2008年) ◎ 伊勢神宮・日本人のこころのふるさとを訪ねて(1991年 共著) ◎ 伊勢神宮の春夏秋冬 - 篠原龍写真集(1995年) ◎ 伊勢神宮の365日(2011年 共著)


世界遺産熊野本宮館 〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮100番地の1 TEL: 0735-42-0751

 

伊勢和紙による写真展 彩 irodori

Photo Exhibition with Japanese Paper
Beautiful Color of Kumano

世界遺産熊野古道沿いの景色や、熊野地方の自然、祭りの風景など36点

伊勢神宮御用紙として、御神札・お守り・暦となる"伊勢和紙"
百年以上に渡り、漉き継がれてきたその伝統と技を今に活かして開発された
インクジェットプリンタに対応した和紙を使用しています。

会場: 世界遺産熊野本宮館 北棟展示スペース
会期: 2014年5月31日(土)まで (無休)
開館: 9:00 - 17:00


◎ 熊野本宮大社にお参りに出かけたら、伊勢和紙を使った写真展が開催されていました。偶然の出会いでした。全紙大の伊勢和紙を使って作品仕上げがされています。来場の皆さんが口々にきれい・美しいと仰って、私もうれしくなりました。(中北喜得)


第7回 (5/17) ファインアート・プリント体験イベントのご案内

東京・五反田のエックスライト・セミナールームにて、ファインアート・プリント体験イベントが開催されます。
今回は「伊勢和紙Photo 優美」「手すき伊勢和紙 伊勢斐紙 風雅」もエントリーします。

【イベント概要】
・日時: 2014年5月17日 (土曜日) ◎ 1部(10:00-12:00) 定員10名 ◎ 2部(12:30-14:30) 定員10名 ◎ 3部(15:00-17:00) 定員10名 
・参加費:無料 (用紙実費)
・会場: エックスライト・セミナールーム(住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田7F)
・お持ちいただくもの: プリントする写真のデータ、用紙を購入する代金

【こんな人にお勧め】
・ファインアート紙(和紙・バライタ・コットン・光沢など)をいろいろ試してみたい。
・用紙の違いや特徴について学びたい。
・自分の写真や表現に適した用紙についてアドバイスが欲しい。
・プリントに失敗しないプリンターやPhotoshopのプリント設定を知りたい。

 

三重県立熊野古道センター 〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4 TEL: 0597-25-2666

世界遺産10周年記念企画展
清水重蔵写真展「熊野神櫻 〜越後桜・福島桜競演〜」

期間: 2014年4月5日(土)〜5月11日(日) *期間中無休
時間: 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
場所: 展示棟企画展示室
入場料: 無料
協力: 大豊和紙工業株式会社

熊野の桜には大判の「伊勢和紙Art雪色」、福島の桜にはA1サイズの「伊勢和紙Photo雪色」が使われています。

 

 日本の春を美しく彩る桜。

 2007年から、熊野を訪れては四季折々の熊野を撮影してきた写真家の清水重蔵氏は、2011年4月に熊野を訪れた際、スギ・ヒノキの緑が茂る山中に誇らしく咲く桜の姿に魅せられ、それから3年間、熊野の山々を中心に桜を撮影しました。

 三重県立熊野古道センターの春の企画展では、清水氏が撮影した、桜咲く熊野の風景写真を、三重県の伝統文化である伊勢和紙に印刷した作品を展示する「熊野神櫻〜越後桜・福島桜競演〜」を開催します。

 桜を通して土地の風土を見るという観点から、熊野だけではなく、清水氏が生まれ育った新潟県の桜と、2011年3月11日の東日本大震災から現在も復興が続く福島県の桜、違う土地の桜それぞれの風景を並べ、土地の風土に根差した桜の姿から、熊野の魅力、三重県の魅力、また、日本の魅力として再発見していただける写真展を目指します。


伊勢和紙ギャラリー 2014年3-4月

伊勢和紙写真展 『四重奏 -艸・想・爽・創-』

高橋房子・山口手巻・山口要子・本多ひさ 四人のめぐりあいを「そう」の四文字に託しました。
2014年3月29日(土) - 4月27日(日) 9:30 - 16:30 (4月6日(日)・13日(日)・20日(日)は休館)


伊勢和紙ギャラリー展

伊勢和紙による 三輪薫「花恋」とフォトワークショップ「風」写真展

[昨年 東京日本橋で開催した作品展の巡回展 ◎ 三輪薫の新作13点を追加して展示します]
会期: 2013年9月29日(日) - 10月27日(日) 9:30 - 16:30 (10月6日(日)・13日(日)・20日(日)は休館)

デジタル全盛の今日、プリント用紙として独自の存在感を見せるのが和紙です。三輪薫写真展「花恋(かれん)」は花へ恋心を抱きながら撮り続けてきた作品です。優しく軟らかな和紙の質感と花と女性のイメージを重ね合わせました。フォトワークショップ「風」展も併せて開催します。半切から全倍の多銘柄の伊勢和紙にプリントして展示します。


伊勢和紙を使った作品展

式年遷宮・再生 日本のこころ 2013 JAGDA中部 伊勢和紙掛け軸展

会期: 2013年10月12日(土) - 10月20日(日) 10:00 - 17:00 会期中無休
会場: 伊勢神宮内宮前 おはらい町 おかげ横丁[大黒ホール]〒516-8558 三重県伊勢市宇治中之切町52番地
主催:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA]中部地域 www.jagda.org
お問合せ先:伊勢和紙掛け軸展事務局[SUR Inc.:花井利彦]TEL 0596-37-5577

「 日本人の心のふるさとと人々に親しまれている伊勢神宮は、飛鳥時代より20年毎に連綿と続く神宮式年遷宮が行われます。それは、古くから日本人が伝えてきた、古いものに侘び寂びという美意識を持ち、新しいものを尊ぶ「常若(とこわか)の心」を象徴する行事です。
 この遷宮の十月に、日本を代表するグラフィックデザイナーたちが「再生 日本のこころ」をキーワードに、伝統職人工芸の手漉き伊勢和紙を用いた掛け軸を展示いたします。」

82名のグラフィックデザイナーの皆さんから届いた画像作品を、伊勢和紙館にて手すき伊勢和紙「半晒し純楮紙」にプリントしています。画像サイズは460mm×1200mmの見ごたえある大形作品で、掛け軸として仕上げて展示します。どうぞご期待ください。


神戸市の兼吉正純さんからのお知らせ

第1回 兼吉正純 写真展
伊勢和紙で日本の無常観を表現

会期: 2013年7月16日(火) - 21日(日) 10:00 - 17:00 (21日は16:00まで)
会場: 平清盛ゆかりの 桂尾山 勝福寺 心月庵 (神戸市須磨区大手町9丁目)


伊勢和紙ギャラリー展

◎ 高 潤生 個展「心の浄土」- 現代印作・かな篆刻・書 -

会期 ◎ 2013年6月1日(土) - 30日(日) ◎ 9:30 - 16:30 ◎ 6月9日(日)・16日(日)・23日(日)は休館
◎ 伊勢神宮 せんぐう館 開館記念奉納書作 伊勢和紙六曲屏風「天地開闢」(篆書) も、特別展示します。
◎ 伊勢和紙館にて「天地開闢」奉納制作風景を随時ビデオ上映します。


京都市の浜中悠樹さんからのお知らせ

浜中悠樹さんは「優秀賞」を受賞され、展示作品を伊勢和紙で制作されました。(昨年の東京展に続く巡回展)

「写真新世紀 大阪展 2013」
会期: 2013年4月2日(火) - 25日(木) 10:00 - 19:00
入場無料 / 会期中無休

主催: キヤノン株式会社
会場: アートコートギャラリー
大阪市 北区 天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
06-6354-5444 〒530-0042

交通: JR環状線 桜ノ宮駅下車 徒歩 8分
JR東西線 大阪天満宮駅下車 徒歩10分
地下鉄 南森町駅下車 徒歩10分

アーティスト・トーク 2013年4月13日(土)15:00 - 16:30

詳細は、こちら
http://web.canon.jp/pressrelease/2013/p2013feb06j.html

仙台展
http://web.canon.jp/pressrelease/2013/p2013mar14j.html

 

伊勢和紙ギャラリー展

新シリーズ発売記念 伊勢和紙Laboratory展
[同時開催] 伊勢和紙に咲く「さくら」展

■2013年1月に発売した新シリーズ「伊勢和紙Photo・伊勢和紙Art・伊勢和紙Light」を使用して、大形の吊るし作品を交えながら、作品制作のための様々な実験例を展示します。
■和紙の違いによる表現の幅・プリンタの違いによる仕上がりの傾向・色合わせや画像処理の方法など、完成作品とそこに至るまでの制作過程を通して、伊勢和紙の表現力と使いこなしをご覧ください。
■同時開催として、サブギャラリーには「さくら」をテーマとした作品を伊勢和紙プリントの会・会員からの公募により展示します。

会期 ◎ 2013年3月23日(土) - 4月21日(日) 9:30 - 16:30 (3月31日(日)・4月7日(日)・14日(日)は休館)

会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社内)
〒516-0079 三重県伊勢市大世古一丁目10-30
Tel: (0596)28-2359 http://isewashi.co.jp/ info@isewashi.co.jp
JR・近鉄 伊勢市駅より徒歩10分 伊勢自動車道 伊勢西ICより10分

和紙 ◎ 伊勢和紙Light 伊勢和紙Art 伊勢和紙Photo (雪色・とりのこ色) 他

Atena Photo


伊勢和紙ギャラリー

kon-gara が、昨年に引き続き伊勢和紙ギャラリーに登場します。ご期待ください。

「ひかりと影のtonality II」

2012年11月17日(土) - 12月16日(日) / 9:30 - 16:30
11月25日(日)・12月2日(日)・9日(日)は休館

上質で繊細な和紙にクリエイティブの息吹をかける、
和紙のタペストリーアート、「坤柄紙(こんがらし)」。
昨秋の「tonality」に続き、
さらに新たなテイストを吹き込んだ、
「ひかりと影のtonality」第二弾。
kon-garaは多面体。
ひかりと影に綴られた、新しい表情をお届けします。


フランス在住の佐藤文香さんからのお知らせ

 

龍野アートプロジェクト2012「刻の記憶」

2012年11月16日(金) - 25日(日) 10:00 - 16:00
19日(月)休館
入場料 一般 300円 / 小 - 大学生 150円
会場 うすくち龍野醤油資料館・周辺の醤油蔵・別館
たつの市立龍野歴史文化資料館

三重県出身でフランスで活躍されている佐藤文香さんが、伊勢和紙館で制作した伊勢和紙作品を出展されています。

佐藤さんのサイト: http://fumikasato.net/


京都市の浜中悠樹さんからのお知らせ

浜中悠樹さんは「優秀賞」を受賞され、展示作品を伊勢和紙で制作されました。

「写真新世紀 東京展 2012」
会期 :2012年10月27日(土)〜11月18日(日)10:00〜18:00
(木・金曜日は20:00まで、10月29日(月)、11月5日(月)、12日(月)休館)
会場 : 東京都写真美術館 地下1F 展示室
東京都目黒区三田1-13-3(恵比寿ガーデンプレイス内)
TEL 03-3280-0099
JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
入場料 :無料


伊勢和紙ギャラリー

第三回 伊勢和紙プリントの会・作品展

2012年9月29日(土) - 10月28日(日) / 9:30 - 16:30 (最終日は15:00まで)
10月7日(日)・14日(日)・21日(日)は休館

今回も写真家の三輪薫先生に監修をお願いし、会員は鋭意作品制作に取り組みました。伊勢和紙館を拠点に会員同士和やかに語り合いながら伊勢和紙プリントの可能性を追求し力作が揃いました。会員の多彩な作品と伊勢和紙の表現力をどうぞご覧ください。

■伊勢和紙プリントの会: 80名あまりの会員が伊勢和紙館や自宅で伊勢和紙プリント制作を手がけています。今回は46名の会員が57点の作品を出品します。
■展示仕様: メイン・ギャラリー、サブ・ギャラリーは額装を中心に、 エントランス部には大判の吊しや軸装作品など、各種多彩な伊勢和紙を使用して展示します。
■写真作品 / 篆刻・現代印作 / コンピュータグラフィック作品
■出力: 会員の自家処理または伊勢和紙館での仕上げ
  EPSON PX-H10000・PX-5V / Canon PIXUS PRO-1・iPF8300 他
■用紙: 伊勢和紙Photo・伊勢和紙Art・手すき伊勢和紙 晒し純楮紙・伊勢斐紙 風雅 他。

DM_Atena DM_Photo


伊勢和紙を使った写真展

伊勢和紙による 三輪薫 花恋 と フォトワークショップ「風」写真展

ギャラリー「レ・トロワ・アヌー」 ◎ 197-0022 東京都福生市本町127 カーブス 2F ● JR青梅線「福生駅」西口徒歩2分 ● 車でお越しの方は公営駐車場(有料)をご利用ください。
2012年8月9日(木) -- 29日(水) 11時 -- 18時 (最終日・17時まで)
三輪薫写真展「花恋(かれん)」は花へ恋心を抱きながら撮り続け、優しく軟らかな和紙に花と女性のイメージを重ね合わせました。フォトワークショップ「風」は個性豊かな和紙作品を展示します。


小津ギャラリー (東京日本橋)

大勢の皆様のご来場、ありがとうございました。8月9日より、東京都福生市にて巡回展を開催します。

伊勢和紙による 三輪薫 花恋 と フォトワークショップ「風」写真展

小津和紙 / 小津ギャラリー ◎ 〒103-8435 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル 2F ◎ Tel: (03)3662-1184 ◎ http://www.ozuwashi.net/
2012年7月23日(月) -- 28日(土) 10時 -- 18時 (初日・13時から、最終日・16時まで)
◎ 三輪薫『伊勢和紙セミナー』開催: 7月28日 / 13時 -- 14時

三輪薫写真展「花恋(かれん)」は花へ恋心を抱きながら撮り続け、優しく軟らかな和紙に花と女性のイメージを重ね合わせました。花の個展は5年振りです。フォトワークショップ「風」展も併せて開催します。半切から全倍の多種の伊勢和紙にプリントして展示します。


石川県津幡町の薮一明さんからのお知らせ

写真展「高嶺の花・深山の桜 野の花・里の花」(後援 月刊金澤)

◎2012年4月23日(月) - - 6月30日(土)
南惣美術館 母屋・蔵廊下 ◎ 石川県 輪島市 町野町 東大野 ◎ 0768-32-0166
◎入場無料 (但し美術館は有料)

 

南惣美術館は、第一級の美術品と庭に咲く季節の花々、特に5月下旬から6月にかけて咲く笹百合がすばらしい場所だそうです。

「伊勢和紙プリントの会」会員でもある薮一明さんの和紙にプリントした花の写真をどうぞご覧ください。


伊勢和紙ギャラリー

伊勢和紙による三輪薫「水の抄」とフォトワークショップ「風」写真展

2012年5月27日(日) -- 6月24日(日) 9:30-16:30
6月3日(日)・10日(日)・17日(日) は休館

  BSジャパン「写真家たちの日本紀行」(2011年5月放映)の作品による三輪薫写真展「水の抄」(24点) と フォトワークショップ「風」展 (17点) の合同展。
(2011年8-9月に開催した東京 日本橋 小津ギャラリー展の巡回展。三輪作品はあらたに12点が追加展示されます。)
  デジタル全盛の今日、プリント用紙として独自の存在感を見せるのが和紙です。半切から四八判の多種の伊勢和紙にプリントして展示します。

会期中、伊勢和紙館にて「写真家たちの日本紀行 (富士山麓 水辺がつくるやさしい情景 / 奥大井 渓谷に宿る命の息吹を探して) 」を上映します。三輪薫氏の撮影風景を間近にご覧ください。)

◎アサヒカメラ2012年6月号の「Photo Club」で三輪薫氏とフォトワークショップ「風」の皆さんが紹介されています。


三重県伊賀市の市田さんからのお知らせ

SenbutuMandara

製陶会社で仕事をされたご経験から、陶板による曼陀羅をご自身で作り上げました。
慶明寺住職の市田正眞さんは伊勢和紙プリントの会の会員でもあり、ポスターや説明パネルなど伊勢和紙で制作されています。

会期 ◎ 平成24年4月28日(土) -- 5月2日(水) ◎ 午前10時 -- 午後4時
会場 ◎ 浄土宗 総本山 知恩院 ◎ 京都市東山区林下町400 ◎ 075-531-2111 ◎ 和順会館 地下1階「ギャラリー和順」
主催 ◎ 伊賀市 慶明寺 市田正眞


奈良県天理市の福永さんからのお知らせ

- 伊勢和紙に写真で描く - 福永 真一 写真展

 

会期 ◎ 2012年3月21日(水) -- 3月31日(土)
時間 ◎ 10:00〜17:00 (初日は 13:00 から、最終日は 16:30 まで)

会場 ◎ 橿原ロイヤルホテル プライベートギャラリー(1階正面玄関左横)
橿原市久米町652-2 ◎ tel.0744-28-6636 ◎ 近鉄橿原線「橿原神宮前駅」東出口よりすぐ


マルセイユの佐藤文香さんからのお知らせ

本の祭典 アーティストブック ジャポネ の巡回展がマルセイユで行われますのでご案内お送りいたします。

ジャパニーズ アーティストブック展
日時:2012年3月12日〜3月31日 /15:00-19:00
ギャラリー パラディグム  41 Rue Clovis Hugues 13003 マルセイユ TEL 04 91 33 20 80
logo

Livres d'Artiste Japonais/ Une sélection de 52 artistes et éditeurs.

Yukiko Kanno- Ryuzo Onoe- Keiko Suzuki- Takeshi Iida- Yuria Iida- Tamaki Yamashita- Kayo Matoba- Yoshikazu Ikeya- Miyako Akai- Masataka Ohta- Ryoko Ito- Takashi Hiraide & via wwalnuts- Hiroshi Kiyosaki- Atelier Elément Présent- Fumika Sato. Panama Books: Yoshio Mizo- Natsuki Suyama- Yoshifumi Takeda- Yushi Kobayashi- Manako Kuroneko- Jun Tada. Pepper's Project: Mika Matsumoto- Satoko Shimozono - Azusa Hayashi- Haruna Yasui- Maho Nishimura- Hiroki Kato. Imprimerie Rétro JAM. Zine Port: Fujico sato- Mayumi Oku- Coppi- Emi Harukusa. Tokyo Bookbinding Club: Maki Sato- Akiko Tsumura- Eiko Nakao- Shinki Fukuda- Minori Komahara. Artistes-éditeurs résidant en Espagne, France et Maroc: Atsuko Ishii (F)- Masako Hattori (E)- Megumi Nakanishi (F)- Motoko Tachikawa (F)- Ikumi Inoue (F)- Keiko Hagiwara (F)- Aya Hashimoto (M)- Kimihito & Catherine Okuyama (F).

Paradigme/ Comptoir International du Livre d'Artiste Contemporain / 41 Rue Clovis Hugues 13003- Marseille tél: 04 91 33 20 80. Exposition du 12.03 au 31.03.2012. Du jeudi au samedi de 15H à 19H et sur RDV le reste de la semaine..

massmail-jap.jpg
Nous vous invitons à découvrir d'autres informations sur cette exposition, en cliquant sur : 
www.ateliervisavis.com


滋賀県甲賀市の大西さんからのお知らせ

「春らんまん写真展」at 尾賀商店

春らんまんの近江八幡でブロガー4人の写真展を開催します。お気に入りの春を見つけにぜひお越しください。
(古民家を使って、伊勢和紙で印刷した写真も多数使われるそうです。)

会期 ◎ 2012年3月24日(土) -- 3月28日(水) ◎ 11:00 -- 18:00
会場 ◎ 尾賀商店 ◎ 滋賀県近江八幡市永原町中12 ◎ 0748-32-5567

ほろほろ☆ 暖炉のある部屋 / Megumi 菓子工房 Nico * niCo * / 大西正紀 炭火焼とりや / MIKA KCAFE雑貨店


岐阜県河辺町の奥野さんからのお知らせ

奥野邦男「伊勢和紙に描く風景写真」

「新和建設という会社が民家風のカルチャーコーナーを新設し、和紙写真を飾ってとの話がありましたので、伊勢和紙の美しさを皆さんに知ってもらう良い機会と思い大から小を織り交ぜ25点ほど展示します。」とのことです。お近くの皆様はぜひお立ち寄りください。

2012年3月17日(土) -- 24日(土) ◎ 10:00 -- 17:00 (最終日は 15:00 まで)
会場: 新和建設 恵木の杜 ◎ 岐阜県 可児市 下恵土 2993-1 ◎ 0574-63-0715

 

愛知県弥富市の飯田さんからのお知らせ

 

グループ Y's 第6回「写真展」

「わの会」「伊勢和紙プリントの会」会員の飯田勲さんからご案内が届きました。

「今回は伊勢和紙を中心にした和紙による、グループ Y's の作品展です。額装、掛け軸、屏風等を展示します。」とのことです。お近くの皆様はぜひお立ち寄りください。

2012年2月27日(月) - 3月4日(日)
10:00 - 16:00
スペース Y's
(有)水野商会 2階
近鉄弥富駅 踏切南 100m

有限会社水野商会
弥富市鯏浦町南前新田44
0567-67-0820


◎「CP+」(パシフィコ横浜・2012年2月9日(木) - 12日(日)) にて、
  エプソン三菱電機のセミナーで伊勢和紙を取り上げていただきました。

 エプソン・特別セミナー「表現の目標値を設定して、写真プリントを仕上げる
 写真家 吉田繁

 三菱フォトセミナー「拡がる写真の楽しみ方と仕上げのノウハウ
 風景写真家 佐藤ケイジュ 様・三菱電機 村田光司 様


Tami UYAMA 展 (アートギャラリー銀座)

 

「27m×0.86m の大作をギャラリーの壁面全体に張り巡らせました。線の世界をご堪能ください。」

大判の「伊勢和紙Photo」が使用されています。

 

Tami UYAMA

2012年2月6日(月) - 11日(土)
11:30 - 19:00 (最終日は16:00まで)

小野画廊・アートギャラリー銀座
〒104-0061
東京都 中央区 銀座2-11-4 富善ビル1F
(03)3545-1139


伊勢和紙を使った作品展

ナント・新潟共同復興支援事業写真展「桜花一心」

主催 アトランティック・ジャポン協会(フランスナント市)
写真提供 清水重蔵氏

2012年1月5日(木) - 31日(火) 9:00 - 18:30 (最終日は15:00まで)
(木曜日は休館) 入場無料

会場: 富士フォトギャラリー新潟
新潟市中央区紫竹山2-5-8 (フジカラーアウラ内)

伊勢和紙プリントの会 会員でもある小嶋鉄山さんが協力していらっしゃいます。
情報提供ありがとうございます。同展は2月末からフランス・ナント市でも開催されるそうです。

毎日jp の紹介記事


熊本の柿原さんからお知らせをいただきました。

フォト光彩写真展「伊勢和紙による風景」

「伊勢和紙を用いてやわらかな風合いを求めてみました。写真を楽しみ写真で遊ぶ仲間の写真展です。」とのことです。お近くの皆様はぜひお立ち寄りください。

2012年1月18日(水) - 24日(火)
鶴屋百貨店 東館 8F ふれあいギャラリー

〒860-0808
熊本県 熊本市 手取本町 6-1
(096)356-2111


日本橋 小津ギャラリー

「紙本の絵画展」絵画用紙の諸相とその発揮について

東京藝術大学 日本画第二研究室の皆さんによる受託研究 経過発表
今回も多種類の伊勢和紙が取り上げられています。(写真は伊勢和紙の工房)



伊勢和紙ギャラリー

ひかりと影の tonality (調性)

2011年10月1日(土) - 30日(日) 9:30-16:30 (10月9日(日)・16日(日)・23日(日)は休館)

古から息衝く、上質で繊細な和紙。
そのやさしい風合いに新たな息吹をかけると、
そこにはひかりと影のコントラストがうまれます。

和紙演出士・包装士・イラストレーター・グラフィックデザイナー、
マテリアルアーティスト&クリエイターの4人が織りなす、
和紙のタペストリーアート、「坤柄紙(こんがらし)」。
クリエイティブなエッセンスをお楽しみください。

Kon-gara.
Createve and Material Arts
wagami producer: H.Kawate
packaging professional: M.Suzuki
Illustrator: K.Nakano
designer: H.Makino
URL. visual-mare.com/kongara


伊勢和紙が紹介されました。

2011年 国際ブックプロジェクト (招待状の画像)

場所: Cours d'Estienne d'Orves クール デスチエンヌ ドルブ 広場 特設会場 (マルセイユ/フランス)
日時: 10月15-16日 10h-19h

10カ国から109名の作家の作品が展示されます。日本からは、志摩市在住の佐藤文香さんが伊勢和紙を使った装丁作品を出展されます。伊勢和紙のことも詳細にご紹介くださることになっています。

http://www.ateliervisavis.com/index.php


伊勢和紙を使用した作品展 (小津ギャラリー)

伊勢和紙による三輪 薫「水の抄」と フォトワークショップ「風」写真展

会期: 2011年8月29日(月)〜9月3日(土) (10時から18時まで・初日13時から・最終日16時まで)
会場: 小津和紙 / 小津ギャラリー 〒103-8435 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル 2F Tel: (03)3662-1184 http://www.ozuwashi.net/

◎ プリントデモ 連日開催
◎ 三輪薫『伊勢和紙セミナー』開催 9月3日(土)13時〜14時


伊勢和紙を使用した作品展

[好評のため7月29日まで延長!!]

中野晴生写真展
「伊勢の神宮」
和紙に映し出す聖なる世界
2011・3・15 → 7・29

国際交流基金トロント日本文化センター
The Japan Foundation, Toronto
213-131 Bloor Street West
2nd floor of the Colonnade
Toronto, Ontario, CANADA, M5S 1R1
tel: 416.966.1600 ext. 229
fax: 416.966.9773
www.jftor.org

 

伊勢和紙ギャラリー

◎高潤生個展「天地相合」 - 現代印作・かな篆刻・書 -

・日程: 2011年5月28日(土) - 6月26日(日) 9:30〜16:30
    ( 6月5日(日)・12日(日)・19日(日)は休館)

男女シリーズの『源氏物語絵巻』(折り本) 初公開

◎高潤生 / こうじゅんせい(号 風魂)現代印作家・書道篆刻家
◎ハルビン市書法家協会芸術顧問 / 国際手書き文字Art展審査員

新しい文字アート「現代印作」「かな篆刻」を開拓。
観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」のロゴ創作。
ミキモト真珠島・MIKIMOTO東京・名古屋・大阪巡回展、中国黒龍江省美術館個展など。
神宮司廳雑誌『瑞垣』、懐中雑誌『ぱなし』に「漢字の旅」を連載。

作者 高潤生 は5月29日(日)・6月26日(日)と会期中の「毎週土曜日」に在廊しています。

「篆刻体験会」 (材料費400円) 5月29日(日)・6月18日(土)・25日(土) 13:00〜16:00

伊勢和紙を使用した作品展

◎高潤生個展「天地相合」 - 現代印作・かな篆刻・書 -
  調香師 田代はなよ氏 特別出品

・日程: 2011年4月20日(水) - 25日(月)
    11:00 - 19:00 (最終日は17時まで)
・会場: 東櫻ギャラリー Tel: 052-957-3770
    名古屋市 東区 東桜1丁目2番26号 マツイビル3階
・主催: 東櫻ギャラリー
・後援: 大豐和紙工業株式会社
・プロデュース: 家田宏子 安井利味

 


伊勢和紙を使用した作品展

写真家三輪薫氏が監修・指導されている写真展です。いずれも伊勢和紙が数点の作品に使用されています。

kaze canon

◎フォトワークショップ「風」第5回写真展
・日程: 4月7日(木)〜13日(水) 10:00-18:00(最終日/14:00)
・会場: ポートレートギャラリー Tel: 03-3351-3002
    東京都新宿区四谷1丁目7番地(JR/東京メトロ「四ッ谷」駅徒歩数分)
・伊勢和紙: 伊勢和紙Photo雪色/3点、伊勢和紙Photo芭蕉麻紙/1点、
      伊勢斐紙 風祥/1点
portlait
◎キヤノンフォトクラブ東京第1展「四季光彩 2011」
・日程: 4月14日(木)〜20日(水) 10:00-18:00(最終日/14:00)
・会場: ポートレートギャラリー Tel: 03-3351-3002
    東京都新宿区四谷1丁目7番地(JR/東京メトロ「四ッ谷」駅徒歩数分)
・伊勢和紙: 伊勢和紙Photo雪色/5点、伊勢和紙Photo芭蕉麻紙/1点

伊勢和紙ギャラリー

2011年2月27日(日) - 3月27日(日) ◎ 9:30〜16:30 ◎ ( 3月6日(日)・13日(日)・20日(日)は休館)
伊勢和紙による「三輪薫・樹風」とフォトワークショップ「風」写真展
◎併設展: 「わの会」第6回写真展の伊勢和紙作品選抜展

デジタル全盛の今日、プリント用紙として独自の存在感を見せるのが和紙です。今回は三輪薫写真展「樹風」の他、主宰しているフォトワークショップ「風」と「わの会」のメンバーによる伊勢和紙作品展を開催します。自然風景をメインに多種の伊勢和紙にプリントし、半切42点・全紙4点・四八判 (1,100×2,400mm) 1点を展示します。 (三輪 薫)


伊勢和紙を使用した作品展

クリエイティブエキスポ kon-gara展
強靭で繊細な和紙に、新たな息吹を吹きかけるタペストリーアート

kon-gara

千数百年以上の歴史を持つ和紙。その、抜群の耐久性とやさしい風合いを併せ持つ和紙に、新たな息吹をかけると、そこには光と影のコントラスト、凛とした表情がうまれます。「和紙演出士」「包装士」「イラストレーター」「グラフィックデザイナー」、4人の、マテリアルアーティストとクリエイターが織りなす、和紙のタペストリーアート、「坤柄紙(kon-gara paper)」。クリエイティブなエッセンスをお楽しみください。

会場 ◎ ブリーゼブリーゼ 大阪市北区梅田2-4-9 ◎ 3F・6F パブリックスペース
開催期間 ◎ 2011年2月11日(祝・金)〜2月27日(日)
3F:11:00〜21:00
6F:11:00〜23:00
※2月21日(月)休
企画・運営 ◎ 和紙商 小野商店 河手 宏之
中野木型製作所 鈴木 美奈子
イラストレーター 中野 クニヒコ
ヴィジュアル計画 マーレ 牧野 博泰


小津ギャラリー (日本橋 小津和紙)

2010年度 受託研究「絵画用紙の諸相とその発揮について」経過発表
「紙本の絵画展」

東京藝大の日本画用紙研究に、伊勢和紙が採用されています。

◎2011年1月4日(火) - 15日(土) ◎ 9日(日)は休廊 ◎ 10:00-18:00 (最終日は15:00まで)
 「出品者によるギャラリートーク」10日(月・祝) 14:00-15:00
◎小津ギャラリー (小津和紙)
 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 Tel:03-3662-1184
◎主催: 株式会社小津商店・東京藝術大学(日本画第二研究室)


第二回 伊勢和紙プリントの会 作品展 (監修: 三輪 薫)

2010年10月2日(土)〜31日(日) 9:30〜16:30 (最終日は15:00まで)
10月10日(日)・17日(日)・24日(日)は休館


京都・法然院 講堂

伊勢和紙プリントによる 森 武史 写真展「熊野修験」

2010年8月30日(月) - 9月5日(日) 10:00 - 16:00
[法然院 講堂] 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30番 (075)771-2420


小津和紙 / 小津ギャラリー

伊勢和紙による「三輪薫・樹風」とフォトワークショップ「風」写真展

8月2日(月) - 7日(土) ◎ 10:00 - 18:00 ◎ (初日は13:00から、7日は16:00まで)
小津ギャラリー ◎ 東京都中央区日本橋本町3-6-2 ◎ 小津本館ビル 2F ◎ (03)3662-1184

8月4日和紙の日を含む1週間、小津和紙祭りの会期中に開催します。
写真家三輪薫氏と三輪氏が主宰するフォトワークショップ「風」の皆さんの作品展。
「伊勢和紙Photo」や「手漉き伊勢和紙」に表現される写真作品を是非ご覧ください。

三輪薫「伊勢和紙セミナー」7日(土) 13:00 - 14:00 もお楽しみに。

会場にて、伊勢和紙プリントデモを連日開催します。(時間は昼食時間を除き展覧会開催時間に準じます。)
皆様の作品をご持参ください。A4サイズの伊勢和紙にプリントいたします。

35mm (スリーブ・マウント)・ブローニ判・4×5 フィルム // CF・SD・CD・DVD・USBメモリ / raw jpg tiff psd など


伊勢和紙ギャラリー

2010年5月9日 - 6月6日 中野晴生写真展「伊勢の神宮」- 第62回 式年遷宮への第2章 -


ナニワフォトギャラリー

◎カメラのナニワ 心斎橋3号店 3F (心斎橋本店筋向かい)
■〒542-8678 大阪市 中央区 心斎橋筋1-3-12 →MAPはこちら
■TEL 06-6281-4116

◎2010年3月25日(木) - 4月11日(日)
■10:00 〜 19:00 (日曜・祝日は11:00〜18:00まで。)

《キヤノンプリンター と 伊勢和紙 による 三輪 薫 写真展》

三輪薫デジタルプリント展 「花逍遥-II」(2007年) より 12点

写真家三輪薫氏が、草花に惹かれその姿に色香漂う女性を想い重ねたイメージで EOS Digitalで撮り続けた作品展です。
水彩画を描くように「伊勢和紙Photo」や「手すき伊勢和紙」にキヤノンインクジェットプリンターで仕上げています。

「 三輪 薫 ファインアート・オリジナルプリント展-V 」(2009年) より 8点

デジタル全盛の今日ですが、モノクロフィルムで撮影した画像をデジタルデータ化し、銀塩印画紙とは別の表現ができる伊勢和紙に、キヤノンプリンターでファインアートとして制作しています。
モノクロの自然風景をお楽しみください。


伊勢和紙ギャラリー

「三輪薫 ファインアート・オリジナルプリント展-V」
  会期:2010年1月10日(日)〜2月7日(日) 9:30〜16:30
     1月17日(日)・24日(日)・31日(日)は休館

[内容]
デジタル全盛の今日ですが、モノクロ写真もバライタ印画紙にプリントしたものは、フィルムや印画紙の乳剤が醸し出すトーン再現によりデジタルとは一味違う魅力があります。
一方で、フィルムをデジタルデータ化し、銀塩印画紙とは別な表現ができる伊勢和紙に出力した作品も展示します。
今回も2006年に開催の前回展同様に、日本の自然風景をメインにアナログとデジタルのコラボレーションで展開します。

[プリント]
・銀  塩:バライタ印画紙・KODAK「エクタルア」六切り〜大四つ
・デジタル:手漉き伊勢和紙をメインに、A3ノビ〜A2プラス
・展示点数:印画紙23点・伊勢和紙27点


近藤健治・伊勢和紙写真展「麓から頂へ」

会期: 2009年9月26日(土)〜10月24日(土) 9:30〜16:30 (10月4日(日)・11日(日)・18日(日)は休館)
会場: 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)

近藤健治 日本山岳写真協会・日本山岳会 会員、伊勢市小俣町在住
撮影:   4×5・6×12・6×9・6×4.5など大中判フィルム
プリント: 伊勢和紙館にて (Canon W8400 / EPSON PX-H10000)
和紙:   伊勢和紙Photo・手すき伊勢和紙「伊勢斐紙 風雅」など、半切サイズから1.1×2.4m の大サイズまで展示。


世界新体操選手権 会場の貴賓室に

2009年 第29回 世界新体操選手権 2009.9.7(mon)-13(sun)
三重県営サンアリーナ
伊勢市朝熊町鴨谷4383-4 (0596)22-7700

 

開催期間中、会場の貴賓室に、伊勢和紙を使った作品が掲げられています。

 

高 潤生 現代印作 作品
「明月の夜あなたは雅やかにほほえむ」

和紙: 伊勢和紙Photo 平織目 雪色 厚手
画面サイズ: 600mm×1200mm
プリント: Canon imagePROGRAF W8400


伊勢和紙を使った写真展

伊勢和紙による『三輪薫とフォトワークショップ「風」写真展』

会期:2009.8.17(月)〜22(土) 10:00〜18:00(初日は13:00〜、最終日は16:00まで)
会場:小津ギャラリー
   〒103-8435 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル2F TEL.03-3662-1184
   http://www.ozuwashi.net/index.html
内容:デジタル全盛の今日、プリント用紙として独自の存在感を見せるのが和紙です。
   今回の写真展はカラーとモノクロの自然風景をメインに、写真家三輪薫と三輪が
   主宰するワークショップ「風」メンバーの作品を多種の伊勢和紙にプリントし、 
   30点展示します。(三輪 薫)

プリントデモ開催(連日):フィルムまたは画像データをご持参ください。
三輪薫「伊勢和紙セミナー」8/22(土)13:00-14:00 参加費無料、先着順受付


hagaki_atena

森 武史 写真展 「熊野修験」

2009年6月17日(水)〜30日(火) 11:00-19:00
Gallery A BIENTOT (ギャラリー ア ビアント)
〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-30
リバーピア吾妻橋1F
TEL&FAX 03(3621)0278



「光陰を刻む」

高潤生 現代印作・かな篆刻展

2009年5月16日(土)〜6月14日(日) 9:30 - 16:30
 (5月24日(日)・31日(日)・6月7日(日) は休館)

◎5月23日(土) 13:00〜15:00は、ギャラリーにて作者による作品解説イベントを開催。
 予約の方のみご入場いただけます。(参加費無料)
◎ギャラリーでのイベント終了後、屋外において『日本現代文字研究所』の代表作家による
「水書」のパフォーマンスも行います。(ただし雨天の場合は「水書」は中止となります。)
◎「篆刻体験会」も開催 (材料費400円) 6月6日(土)・13日(土)・14日(日) 10:00〜16:00

[案内チラシ]


「三輪薫 ファインアート・オリジナルプリント展-V」

 会場:京セラ・コンタックスサロン東京
    千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館7F TEL 03-3282-7571

 会期:2009年3月11日(水)〜17日(火) 3/15(日)休館 10:00〜18:00(最終日16:00まで)

[内容]
デジタル全盛の今日ですが、モノクロ写真もバライタ印画紙にプリントされたものはフイルムや印画紙の乳剤が醸し出すトーン再現により、デジタルとは一味違う魅力があります。一方で、フイルムをデジタルデータ化し、銀塩印画紙とは別な表現も出来る伊勢和紙に出力した作品も展示します。今回も2006年に開催の前回展同様に、日本の自然風景をメインにアナログとデジタルのコラボレーションで展開します。3月末に閉館になるこのサロンでの最後の個展になりました。

[プリント]
・銀  塩:バライタ印画紙・KODAK「エクタルア」をメインに、六切り〜大四つ
・デジタル:手漉き伊勢和紙をメインに、A3ノビ〜A2プラス
・展示点数:印画紙と伊勢和紙を半々で、約45点


2009年1月31日〜2月28日
伊勢和紙ギャラリー

「うゐのおくやま」
東洋介氏のネガによる伊勢和紙モノクロ写真展
2009年1月31日(土)〜2月28日(土) 9:30-16:30
(2月8日・15日・22日は休館)


東 洋介(あずま ようすけ)1926年生まれ。伊勢市在住。
1953年よりアルス「カメラ」誌の「月例」に応募。
1954年「梅田駅にいた人」、1955年「花子と太郎」で、二年連続最高作品賞、ニコン賞を受賞。
1976年、日本リアリズム写真集団主催 全国公募写真展第一回「視点」展において「鬼灯」で「大賞」を受賞。
以後5年連続入賞。大賞2回、奨励賞4回、入選多数。

1976年 第1回公募写真展「視点」 鬼灯 (大賞)
1977年 第2回公募写真展「視点」 うゐのおくやま (奨励賞)
1978年 第3回公募写真展「視点」 うつせみ山河 (大賞)
1979年 第4回公募写真展「視点」 一山一会 (奨励賞)
1980年 第5回公募写真展「視点」 雪ま椿 (奨励賞)
1981年 第6回公募写真展「視点」 兎小屋から見た風景 (入選)
1982年 第7回公募写真展「視点」 五葉五節句 (奨励賞)
以後、入選多数


紙の博物館 (東京都北区王子 飛鳥山公園)

企画展「 紙と神」に、伊勢和紙のお神札用紙が展示されています。


nakanoharuo   「伊勢神宮」和紙に描く聖なる地 中野晴生写真展
期間:10月31日(金)〜11月24日(月)
時間:午前11時30分から午後8時まで
会場:Gallery東櫻
住所:名古屋市東区東桜1丁目2番26号 マツイビル3階
Tel:052-957-3770

東京・中野在住の写真家 山下誠一さんの写真展。手漉き伊勢和紙「板張り半草紙」(菊判) が2点使用されています。

yamasita_ayamasita_b


2008年9月20日〜10月18日 三輪 薫 写真展「風光-V」
伊勢和紙ギャラリー

huko-V Miwa2008a Miwa2008b Miwa2008c


「伊勢和紙プリントの会」会員の東出勲・昭子ご夫妻による「二人展」です。

higasidehigaside2


第11回 伊勢の匠展

2008年7月26日(土)〜8月3日(日)
伊勢内宮前 おかげ横丁 大黒ホール (名産味の館2階)

伊勢和紙のコーナーでは、伊勢和紙を使用した作品、伊勢和紙の製造工程や原料・道具を展示しています。
伊勢和紙製品の展示・販売のほか、和紙手漉き体験(300円) にも協力しています。

森 武史 写真展「熊野の風景」... MoriTakesi

伊勢和紙の紹介... Syoukai

Huko-V ...伊勢和紙ギャラリーでの 三輪 薫 写真展「風光-V」の予告

伊勢和紙を使用した展覧会

祥州/高 潤生 二人展
7月5日(土)〜13日(日) 11:00〜19:00 (最終日のみ〜17:00)
マキイマサルファインアーツ
111-0053 東京都 台東区 浅草橋1-7-7 (03)3865-2211

(高 潤生 氏の作品に伊勢和紙が使用されています。)

Kou


伊勢和紙ギャラリーの作品展

2008年5月17日〜6月15日 伊勢和紙プリントの会・作品展

IseWashi Print no Kai Sakuhin ten


伊勢和紙プリントの会・会員でもある西村恒弥さんの写真展


手漉き伊勢和紙「伊勢斐紙 清雅」を使用した作品展。
鳥羽ハローにて、2008年5月21日〜6月3日・午前9時〜午後8時。

NisimuraTuneya


奥野邦男 伊勢和紙写真展 高原の詩 II

Okuno Kunio


☆三輪薫個展「風光-V」

huko-V
会場:京セラ・コンタックスサロン東京(JR有楽町駅前、東京交通会館7F)
     TEL 03-3282-7571
     http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/salon/salon1.html
会期:2008年3月19日(水)〜25日(火) 10:00〜18:00/最終日16:00まで 日曜日のみ休館
内容:「風光」展も1985年に1回目を開催し、今回で5回目です。
    日本の自然風景の機微のある表情や、心に余韻が残る趣のある侘寂的な世界を
    求め続けてきました。「カメラで日本画を描く」作風の作品を展示し、
    銀塩カラープリントと伊勢和紙デジタルプリントのコラボレーションで行い、
    四つ切りから長辺2.4メートル手漉き和紙まで、多様なサイズで展示します。


真珠礼讃 高潤生 コウ・ジュンセイ 〜現代印作・書作展〜
miyabiyakani

2008年2月7日(木)〜12日(火) 11:00〜19:00
東京・銀座4丁目 ミキモト本店6F ミキモトホール

東京都中央区銀座4-5-5 (03)3535-4611
http://www.mikimoto.com/

2008年2月14日(木)〜3月4日(火) 10:30〜18:30
20日(水)・27日(水)は定休日
ミキモト名古屋店 地下1階
名古屋市中区栄3-15-37 (052)261-1808

2008年3月13日(木)〜25日(火) 11:00〜18:30
19日(水)は定休日
ミキモト梅田店
大阪市北区梅田1-12-39 新阪急ビル1F (06)6341-0247

 

私は作品を通して心の感動を表現し、神さまの賜物である真珠に賛美の詩を捧げる。世の中が真珠のように清らかで慈愛に満ちた世界になるよう祈ります。作者 風魂 高潤生

現代印作は文字を素材とし、篆刻手法に絵画の色彩表現法などを取り入れ、石刻とデジタル技法を併用する新しい芸術形式である。現代印作の作品は作者が1995年より創作し始め、毎年新作が発表される。

今回は伊勢和紙館にて、作者ご自身で多くの作品を手すき伊勢和紙にプリントされました。ご期待ください。


全和連「手すき和紙フォーラム」in Kyoto 2008

2008年3月15日(土)〜16日(日) 9:00 - 16:00
池坊学園 〒600-8491 京都市下京区四条室町下る Tel: 075-351-8585 Fax: 075-351-8588
(四条烏丸から西に徒歩二分)
主催: 全国手すき和紙連合会
協力: 華道家元 池坊 / 後援: NHK京都放送局、京都新聞、KBS放送

伊勢和紙では、両日、会場の池坊学園アートフォーラムにおいて、大判の手すき伊勢和紙に写真家三輪薫氏の作品をプリントして展示します。

「伊勢斐紙 風雅」1.1m × 2.4m 二枚重ね 坪量: 95(g/平方メートル)
伊勢和紙の職人二名による手すき・流し漉き、自然乾燥、石川産ガンピ・高知産コウゾの混合。

撮影: 三輪 薫 / プリント: 伊勢和紙館 (Canon imagePROGRAF W8400)


「熊野修験」再興二十周年記念写真展

2008年1月13日(日)〜2月10日(日)
(1月20日(日)、27日(日)、2月3日(日)は休館)
9:30〜16:30
伊勢和紙ギャラリー

2008年2月14日(木)〜2月23日(土)
服部ギャラリー 日仏文化センター
http://www.ccfj-paris.org/
8-10, passage Turquetil 75011 Paris, France
Tel : 01 43 48 83 64

dm1  

この作品は七年間撮りためて来たものですが、今回は熊野修験再興20周年記念で皆さまに見ていただくことになりました。これで完成でなく、一度目の「一区切り」と考えています。

作品のほとんどが初期の作品とこの1〜2年に撮影した作品で占められています。 最初は物珍しさでガンガンシャッターが切れますが、そのうち同じ様な写真しか撮れなくなり悩み、もがき、そして少し離れて自分を見て再度撮影できる。この「山と谷」のサイクルが何度も何度も押し寄せて作品が形作られて行くのでしょう。

私は、この山伏たちの岩を登ったり、飛んだりの凄い修行の場面を見せ付けるのではなく、森と一体になり粛々と歩き続ける静けさの中の厳しさを表現しようとしています。眼で見ると写っているモノしか見えませんが、心で感じていただくと、写っていない想いが感じられるかも知れません。

熊野修験は三月の春の峰入りから大峯奥駈修行が始まります。一般の方も参加できるので、山歩きの好きな方は是非参加しましょう。 ちなみに、三月は一日で35キロ山々を歩きます。

伊勢和紙に表現した「熊野修験」。伊勢和紙ギャラリーにてじっくりとご覧ください。

森 武史

dm2

■写真家 森 武史 Mori Takeshi http://t-mori.jp/


奈良学園の壁に伊勢和紙が採用されました。

学校法人奈良学園登美ケ丘キャンパス サイエンスホール壁画

「言万葉の絵樹 (ことのよろずはのえじゅ)」
インクジェットプリンタによる画像の上から、科学者の言葉がホログラムで貼り込まれています。

伊勢斐紙 風雅 (加賀ガンピ:土佐コウゾ=1:1、95g/m^2、流し漉き、自然乾燥)
1.1m×2.4m の大判手漉き和紙が27枚使用されています。

「47人の科学者」
伊勢和紙Photo 平織目 厚手 (270μm) が48枚使用されています。

2008年4月から児童・生徒を迎え入れる新設校舎で、多くの子供たちを見守る壁画です。
伊勢和紙は、長い年月にわたり多くの子供たちが毎日見て成長する、そんな役割を担うことになりました。
私たちも、私たちが生産して送り出した伊勢和紙を、折りに触れ眺めに出かけることになるでしょう。



三輪薫・伊勢和紙デジタルプリント展 花逍遥-II

HanaSyouyou-II
銀座(4/19-25)福岡(5/14-25)、梅田(6/21-27)、名古屋(7/12-25) 終了
・伊勢和紙ギャラリー 2007年9月22日(土)〜10月21日(日) 9:30-16:30
(9月30日・10月7日・14日は休館)

本展は写真家三輪薫氏が、草花に惹かれその姿に色香漂う女性を想い重ねたイメージで EOS Digitalで撮り続けた作品展です。水彩画を描くように「伊勢和紙Photo平織目」や手すき伊勢和紙「晒し純楮紙」・「雁皮・楮紙」などを使ってキヤノンインクジェットプリンタで仕上げています。
新しい試みとして、作家がプリントした和紙作品の上から、当社の手漉き職人がもう一度薄いベールのように和紙をかぶせて仕上げた「重ね漉き」作品6点も出展しています。デジタルと手業のコラボレーションにご注目ください。

伊勢和紙ギャラリー展では、キヤノンギャラリー梅田/名古屋で展示していない作品もあり、今回は吊り作品の新作も4点展示しています。

昨年末の「三輪薫ファインアート・オリジナルプリント展・IV」につづく三輪薫氏の作品展。氏の多彩な活動の精華を、伊勢和紙ギャラリーにてお楽しみください。

会期中、10月6日(土)・10月20日(土) には、伊勢和紙館にて プリント相談会 を開催します。伊勢和紙プリントに興味を持たれた方はお気軽にご参加ください。

200709-1 200709-2 200709-3 200709-4 200709-5 200709-6 200709-7 200709-8 200709-9 200709-10


伊勢和紙デジタルプリント展

写真家 三輪 薫 と「わの会」会員作品
2007年8月2日(木)〜14日(火) (8月8日は休館)
11:00〜19:00

■写真家 三輪 薫 作品
「三輪薫ファインアート・オリジナルプリント展・IV」 (2006年)より伊勢和紙作品を5点
■ 三輪薫主宰「わの会」会員 作品 (順不同)
竹原暢夫(神奈川県藤沢市) 宇井克旨(愛知県豊田市) 宇野一美(愛知県豊田市)
前田康房(兵庫県小野市) 大戸俊郎(埼玉県神川町) 中北喜得(三重県伊勢市)

grace

ギャラリー「グレイス」
大阪市 生野区 勝山北二丁目 4-1
(06)6711-5522
http://www.graltd.com/
info@graltd.com

大阪環状線 桃谷駅 商店街を東へ徒歩10分 (400m) 駐車場はありません。


第10回「伊勢の匠展」
2007年7月28日(土)〜8月5日(日) 10時00分〜17時30分
おかげ横丁 大黒ホール (名産味の館2階)

2007 デジタル書作家協会 伊勢和紙ギャラリー展

伊勢神宮 内宮前の「おかげ横丁」大黒ホールにて、一部の作品をアンコール展示します。

digital-sho

伊勢和紙のブースでは、道具や生産工程のパネル展示・和紙の即売などおこないます。
土曜日・日曜日には紙漉き体験もできます。


真珠礼讃 高潤生 コウ・ジュンセイ 〜現代印作・書作展〜

kousan  

2007年3月2日(金)〜4月8日(日)
ミキモト真珠島 真珠博物館

三重県 鳥羽市 鳥羽1丁目 7番1号
近鉄 鳥羽駅より徒歩5分
(0599)25-2028
http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/

私は作品を通して心の感動を表現し、神さまの賜物である真珠に賛美の詩を捧げる。世の中が真珠のように清らかで慈愛に満ちた世界になるよう祈ります。作者 風魂 高潤生

現代印作とは、文字を素材とし、篆刻手法に絵画の色彩表現法などを取り入れ、石刻とデジタル技法を併用する新しい芸術形式。作者が1995年より制作し始め、毎年新作が発表されている。

今回は伊勢和紙館にて、作者ご自身で多くの作品を手すき伊勢和紙にプリントされました。ご期待ください。


[伊勢和紙ギャラリー]
中村小汀書作展 -芭蕉と旅する書の世界-

Syoutei  

2007年3月10日(土)〜19日(月)
会期中無休
10:00〜17:30

手すき伊勢和紙・中国産画仙紙

中村小汀 書家
三重県松阪市在住

白楊社代表
毎日書道展審査会員
芦屋大学非常勤講師
三重県立松阪商業高等学校・昴学園高等学校非常勤講師

物の名を先問ふ 蘆の若葉かな (もののなをまずとう あしのわかばかな)

大豐和紙工業株式会社は、 旧御師龍大夫邸跡地で操業しています。松尾芭蕉は博識で有名だった当時の龍家の当主を訪ね、 この句を投げ掛けました。この句以外にも、芭蕉が伊勢で詠んだ句は数多く残っています。その中から書家中村小汀氏が選んで書きつづった芭蕉の句。この地で漉いた手漉き伊勢和紙と、本場中国産の画仙紙に載せてお届けします。春の伊勢路にてひとときのロマンを感じ取ってください。


有賀由一写真展「四季を聴く」〜和紙に映す一瞬の刻〜

2007年2月7日(水)>>>3月4日(日) 10:00-17:00
休館: 毎週月曜日 [2月12日(月)は開館、2月13日(火)は休館]
相鉄ギャラリー 入場無料
相鉄文化会館4階 横浜市泉区緑園4-3-28 (045)813-1515 http://www.sotetsu.co.jp/
相鉄 いずみ野線 「緑園都市駅」より徒歩3分

山岳写真を中心として、四季折々の風景を20年にわたり撮影し続けています。その中で、日本画を通じて和紙と出会い、写真の世界においてもこの美しい日本の心の風景を、伝統工芸である和紙の風合いを生かして表現することができないかと考え、和紙に印刷することをはじめました。
今展覧会では、銀塩写真をインクジェットプリンタ技法によって和紙に出力した作品約30点を展示します。趣のある作品をどうぞお楽しみください。

3月3日(土)・4日(日)14時〜15時には、作者によるギャラリートークが予定されています。

ArigaYosikazu


「伊勢和紙ギャラリー」

『三輪薫ファインアート・オリジナルプリント展・IV』
2006年11月19日(日)〜12月17日(日) 9:30〜16:30
[ただし11月26日(日)・12月3日(日)・10日(日) は休館]

京セラ・コンタックスサロン東京
2006年9月11日(月)〜16日(土) 10:00〜18:00 / 最終日 16:00 [終了]

Miwa2006 maingallery

モノクロ写真はカラーでは味わえない魅力があり、特にバライタ印画紙にプリントした画像にはこれこそ写真だ、と思わせる表現の可能性を感じています。デジタルの時代といわれる今日でも、まだまだ、銀塩写真の世界もこだわって行きたいと思っています。
今回は、ファインプリントとして制作を続けている伊勢和紙によるデジタルプリントとのコラボレーションとして展示します。 三輪 薫


中野晴生 写真展 「伊勢の神宮」
伊勢和紙に映し出す聖なる世界。神宮式年遷宮に向けての第一章。
isenozinguu
キヤノンギャラリー
銀座: 06年6月19日(月)〜6月24日(土)
名古屋: 06年8月24日(木)〜9月6日(水)
福岡: 06年10月2日(月)〜10月13日(金)

梅田: 06年10月26日(木)〜11月1日(水)


大西祐紀 写真展 「風韻〜熊野逍遥」
oonisi2006
2006年9月23日(土)〜10月22日(日) 9:30-16:30
[ただし10月1日(日)・8日(日)・9日(祝)・15日(日) は休館]


okamoto
2006.5.29(月)〜6.4(日) 9時〜17時 (29日は13時より、最終日は15時まで)
県民文化センター(2F) (水戸市千波町)
フォトパソコンクラブ 水戸市赤塚1-378-5 岡本 章(方) 029-251-4447


 nisimuratosihiro

にしむらとしひろ作品展
2006年5月14日(日)〜5月20日(土) 午前9時〜午後5時 (ただし初日は午前11時開場)
三田市中央公民館1階ギャラリー
三田市三田町22-19 (電話079-563-2991) JR三田駅下車南へ徒歩8分 / 神姫バス中央公民館前下車


[伊勢和紙ギャラリー作品展]
伊勢在住の写真家 中野晴生 が伊勢和紙に描く 聖なる地
伊 勢 の 神 宮
第62回式年遷宮への第1章

nakanoharuo
◎後援: 神宮司廳
■撮影: 中野晴生 (Canon EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1D Mark II, EOS-1Ds Mark II)
■額装: フェイスポップアートギャラリー (特製浮かし額)
■和紙: 大豐和紙工業株式会社 [伊勢和紙Photo 普通色 厚手(270μm) 簀目なし (860mm幅) / 手すき雁皮・楮混合紙 (菊判)]
■出力: 伊勢和紙ギャラリー [Canon imagePROGRAF W8400 (大判プリンタ・顔料Pgインク)]
◎協力: キヤノンマーケティングジャパン株式会社 (旧 キヤノン販売(株))


水戸の岡本章様の伊勢和紙を使った写真展

okamoto

三重県大紀町の平野寿彦様の伊勢和紙を使った写真展
木の実館 喫茶リーフ (国道42号線 滝原)

hirano


全日本写真連盟 関西本部 委員 田辺修二 様の伊勢和紙を使った写真展。
奈良県商工観光館 2F 県民ギャラリー (近鉄奈良駅下車東へすぐ)


伊勢和紙を建具に使用した例


左 ◇ 對景荘: 建具に伊勢和紙 (黒皮入り楮紙) を重ね貼り、下地に伊勢和紙200μmを捨て貼り。
右 ◇ N-house: 奥の建具に伊勢和紙200μmを2重貼り(一度捨て貼り)。
設計: ストック建築設計事務所 / 写真: 平井美行写真事務所



伊勢和紙ファン・伊勢和紙プリント展
2005年11月22日(火)〜12月11日(日) 9:30〜16:30
最終日をのぞき日曜日・月曜日は休館
[開催の趣旨]
展覧会開催を前提に、伊勢和紙のお客様に2日間のプリントデモを呼びかけたところ、40名40作品が集まり、皆さんのご意向をお聞きして伊勢和紙にプリントしました。A2サイズを基本とし、手すき伊勢和紙を使用して掛け軸風に仕上げたものもあります。和紙の色目・プリント面はそれぞれの作風にふさわしいように選択し、未発売の「簀の目」の出ない製品も1点使用しています。3台のプリンタを使い分けてそれぞれの機材の発色や描写の特性を利用し制作しました。伊勢和紙ファンの皆さんの多彩な表現の世界をご覧ください。



黒田一郎・伊勢和紙デジタルプリント展『花の彩り』
監修: 三輪薫

 会場:水戸市/常陽藝文センター
    〒310-0011 水戸市三の丸1-5-18 常陽第百郷土会館内
    TEL 029-231-6611(大代表)
 会期:2005年10月7日(金)〜13日(木)
    10:00〜17:45 (最終日14:00まで) 月曜日休館

キヤノンの大型プリンタ「imagePROGRAF W-6200」で伊勢和紙に出力した作品展。


もとみやかをる個展「WHITE BOOK」
シルクにタイの子供達が訳した物語を綴る異文化間の翻訳による「ずれ」にハイライトしたインスタレーション作品、“White book” を紹介します。

DISCO open 2005年9月26日(月)―10月20日(土)11:00-19:00 
レセプション:9月30日(金)19:00 -22:00
スペシャルゲストパフォーマンス KATHY

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2北仲WHITE #102
090-1129-8695 E-mail: info@disco-dis.com
みなとみらい線「馬車道駅」2番出口(汽車道口)徒歩10秒
JR桜木町駅、横浜市営地下鉄桜木町駅 徒歩5分

※DISCOはshow caseです。ガラス越しに作品を見ることが出来ます。
室内から御覧いただく場合はアポイント制をとっています。
作品に関するお問い合わせ等、お気軽に御連絡ください。

協力:The James H.W. Thompson Foundation
深沢アート研究所
日本ヒューレット・パッカード株式会社
伊勢和紙 (作品のドキュメント写真を出力)


 


大西祐紀・伊勢和紙写真展 はじめての熊野路 〜そのスピリットを求めて〜
2005年7月15日(金)〜8月6日(土) 9:30〜16:30
(日・月曜日は休館)


伊勢和紙ギャラリー開設記念
三輪薫・伊勢和紙デジタルプリント展 2005
「風香」「風色-II」選抜展 & 手すき伊勢和紙新作展
2005年5月15日(日)〜6月14日(火) 9:30〜16:30 (初日を除き日曜日は休館)
会場: 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)



三輪薫デジタルプリント展「風香」
伊勢和紙とピエゾグラフによる日本の心の自然風景
2005年3月17日(木)〜29日(火) ※3月23日(水)休館
10:30〜18:30 (最終日 16:00まで)

京セラ・コンタックスサロン東京
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館7F
TEL 03-3282-7571

■ 協賛:エプソンピエゾグラフラボラトリー、大豐和紙工業(株)、(有)ネオワークス
■ 後援:京セラ(株)、(株)フレームマン、エプソン販売(株)



伊勢和紙プリントデモ: 3月24日(木)〜26日(土) 、同会場にて。
皆様のご来場、ありがとうございました。皆様のすばらしい作品をお預かりしてプリントするのは心洗われるひとときでした。
時間の制約のなか、十分にご説明できなかった点など、どうかご遠慮なくメイルにてお問い合わせください。またいつかお会いできますことを楽しみにしております。(中北喜得)


三輪 薫 デジタルプリント展「風色-II」
(出力用紙として、伊勢和紙が使用されています。)

「カメラのナニワ心斎橋本店」での伊勢和紙プリントのデモ、
三輪薫先生のスライドショーとセミナー、ともに大盛況大好評で
ありがとうございました。プリントデモでご要望に応えられなかった
皆さん、すみませんでした。またの機会にお待ち申しあげます。

東京銀座: 2004年1月19日(月)〜1月24日(土)
仙  台: 2004年2月16日(月)〜2月27日(金)
札  幌: 2004年3月8日(月)〜3月19日(金)
名 古 屋 : 2004年3月29日(月)〜4月9日(金)
大阪梅田: 2004年4月22日(木)〜4月28日(水)

開館時間、休館日、住所・電話など、各サロンのアクセスマップでご確認ください。
http://cweb.canon.jp/camera/gallery/


三輪薫写真展「風香」
-伊勢和紙、
越前和紙とピエゾグラフによる日本の心の自然風景-




全国手漉和紙青年の集い
伊勢 2002
2002年6月28日(金) 29日(土)



伊勢和紙に再現される江戸の粋

伊勢市 内宮前 おかげ横丁



昨年の東京展に続く大阪巡回展。伊勢和紙が使用されました。



写真展
-伊勢和紙で見る中野晴生の世界-